上級編 「1日3分でシングルになる方法」

バックスピンをかける

ゴルフでは時に強烈なスピンが必要な場面が訪れます。例えば、硬いグリーンでどうしてもゴルフボールにスピンをかけて止めたい時・・・など。

ただ、バックスピンはそのように硬いグリーンでボールが止まりやすい・・・という利点もありますが、逆に作用してしまうこともあります。

僕は基本的に過剰なバックスピンは避けるようにしています。狙いが定まらないためです。ゴルフボールがグリーンに落ちたら、一回跳ねてすぐ止まる・・・位のスピンを目安にしています。その理由は、バックスピンがかかりすぎると最終的にとまる位置が読めないからです。

とはいえ、硬いグリーンなどでは特にバックスピンを意識することもあります。

まず、スピンがかかる原理ですが、クラブフェースに設計された溝と、それからインパクトでゴルフボールがクラブフェースによって芝に押し付けられた時の摩擦によっておきます。

そのため、スピンをかけたい場合は払い打つというよりはダウンブローに打ったほうがより多くのスピンをかけることが出来ます。

おさらいになりますが、ダウンブローで球を捉えるには・・・

1.最下点に達する前にボールを捕らえる
2.ボールを打った後やや薄めに長くターフを取る

・・・ということをを実践することが大切です。

これについてはダウンブローの打ち方で詳しくご紹介しておりますので、そちらも参照していただければ幸いです。

2番目の「ボールを打った後やや薄めに長くターフを取る」ことについてですが、ボールを打った後の芝10cm位のターフを取るように心がけてください。ターフはターゲットに向かってまっすぐに伸びていれば最高です。

さらにスピンをかけたい場合、僕なら軽いフェードを打ちます。フェードを打つことでバックスピンの量は増えるからです。

その際グリーンにヒットした後、フェードの場合は右に転がりますのでその辺を計算に入れる必要があります。

フェードボールの打ち方も別ページでご紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは

↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。
一度ご覧になってみてください。

ゴルフ用品他 最新トピックス 毎週更新!
関連記事
最新記事 毎週2回更新!

トピックス

ブリヂストンゴルフ J715 B3の試打レポート
デザインを刷新した「ブリヂストンゴルフ J715 B3 ドライバー」の試打レポートです。



ゴルフクラブ・ショップ比較

ゴルフ場予約サイトリスト

当サイトでご紹介したモノ

よく読まれている記事