ゴルフスイング編 「1日3分でシングルになる方法」

シャフトの硬さと選び方

ゴルフクラブのシャフトの硬さはゴルフスイングにどんな影響を与えるのか?
また、自分に合ったシャフトの硬さはどうやって選ぶべきでしょうか?

シャフトの硬さとゴルフスイングへの影響

ゴルフクラブのシャフトの硬さですが、一般的にやわらかいタイプはボールの弾道が高くなり、硬いシャフトは弾道が低めになると言われます。

硬い方がブレが少なくなり、パワーヒッターなどには硬めのシャフトが向いていると言われ、やわらかいシャフトはヘッドスピードが遅い人向きであるといわれます。

シャフトの硬さというのは好みがありますから、見栄や根拠のないこだわりがない限り自分の好みでいいと思います。

しかし、必ずしも硬いシャフトはヘッドスピードが速い人、やわらかいシャフトはヘッドスピードが遅い人・・・という風に考える必要はありません。

ヘッドスピードが速く、世界No.1のゴルファーで、当時の飛ばし屋としても知られていたジャック・ニクラウスは硬いシャフトを好みませんでした。

勿論、彼の全盛期と今ではシャフトのテクノロジーが全く違います。
しかし、彼の言うポイントは今でも参考になると思うのです。

ニクラウスはある時、雑誌の記事にこのようなことを書いています:

やわらかいシャフトを選ぶべきだ。1968年の全米オープンで私はRとSの中間のフレックスを使っていました。私はエキストラスティッフ(X)のような硬いシャフトを使いこなせたことはありません。硬すぎるシャフトはクラブヘッドを感じ取ることができず、結果的に手や腕だけのスイングになってしまいやすいのです。(Reference:How to play your best golf all the time GolfDigest Magazine)

やわらかいシャフトを選択すると、自分はヘッドスピードが遅いと認めているような気になってしまうことってありませんか?

しかし、実際はやわらかいシャフトにしたことで、自分本来のヘッドスピードが手に入ることだってあると思うんですね。

ヘッドスピードを上げるにはクラブヘッドのスピードを最速にしなければなりません。そのためには肝心なクラブヘッドを感じながらスイングすることが大切ではないかと僕は思うのです。

シャフトに関してはこのページ下部に掲載している「関連記事」でも詳しくご紹介しておりますので参照していただければと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは

↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。
一度ご覧になってみてください。

ゴルフ用品他 最新トピックス 毎週更新!
関連記事
最新記事 毎週2回更新!

トピックス

HOT LISTのメダリストに輝いたアイアン特集
上級者好みの美形アイアンを試打検証・・・ということですが、既に高評価を得ているメダル受賞アイアンの実力をアマチュアが実験します。



ゴルフクラブ・ショップ比較

ゴルフ場予約サイトリスト

当サイトでご紹介したモノ

よく読まれている記事