ゴルフ総合研究所 HM
ゴルフレッスン ゴルフ総合研究所 HMゴルフレッスンゴルフ用品ゴルフショップゴルフ場ランキング
 ゴルフ総合研究所 HM トップゴルフレッスン 1日3分でシングルになる方法ゴルフスイング編 > シャフトの硬さと選び方

 ゴルフスイング編              ゴルフレッスン 「1日3分でシングルになる方法」

ゴルフレッスン 「シャフトの硬さと選び方」

ゴルフクラブのシャフトの硬さはゴルフスイングにどんな影響を与えるのか?
また、自分に合ったシャフトの硬さはどうやって選ぶべきでしょうか?

シャフトの硬さとゴルフスイングへの影響

ゴルフクラブのシャフトの硬さですが、一般的にやわらかいタイプはボールの弾道が高くなり、硬いシャフトは弾道が低めになると言われます。

硬い方がブレが少なくなり、パワーヒッターなどには硬めのシャフトが向いていると言われ、やわらかいシャフトはヘッドスピードが遅い人向きであるといわれます。

シャフトの硬さというのは好みがありますから、見栄や根拠のないこだわりがない限り自分の好みでいいと思います。

しかし、必ずしも硬いシャフトはヘッドスピードが速い人、やわらかいシャフトはヘッドスピードが遅い人・・・という風に考える必要はありません。

ヘッドスピードが速く、世界No.1のゴルファーで、当時の飛ばし屋としても知られていたジャック・ニクラウスは硬いシャフトを好みませんでした。

勿論、彼の全盛期と今ではシャフトのテクノロジーが全く違います。
しかし、彼の言うポイントは今でも参考になると思うのです。

ニクラウスはある時、雑誌の記事にこのようなことを書いています:

やわらかいシャフトを選ぶべきだ。1968年の全米オープンで私はRとSの中間のフレックスを使っていました。私はエキストラスティッフ(X)のような硬いシャフトを使いこなせたことはありません。硬すぎるシャフトはクラブヘッドを感じ取ることができず、結果的に手や腕だけのスイングになってしまいやすいのです。(Reference:How to play your best golf all the time GolfDigest Magazine)

やわらかいシャフトを選択すると、自分はヘッドスピードが遅いと認めているような気になってしまうことってありませんか?

しかし、実際はやわらかいシャフトにしたことで、自分本来のヘッドスピードが手に入ることだってあると思うんですね。

ヘッドスピードを上げるにはクラブヘッドのスピードを最速にしなければなりません。そのためには肝心なクラブヘッドを感じながらスイングすることが大切ではないかと僕は思うのです。

シャフトに関してはこのページ下部に掲載している「関連記事」でも詳しくご紹介しておりますので参照していただければと思います。

ゴルフ トピックス
タイトリスト VG3ドライバー(2014年)

タイトリストのニュードライバーの試打レポートです。かなりの高評価ですね。




 


スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは

↑私も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。
一度ご覧になってみてください。

関連記事

キックポイント(元調子・先調子)とその選び方について
シャフトのトルクについて
ドライバー、アイアンのシャフトの選び方

最新ゴルフ記事

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは 特別紹介
どの位練習して、どんなことに気を付ければいいか? 4/16
ドローヒッターがフェード打ちになるための3つの練習方法 4/12
アプローチショットのイップスについて 4/7
バンカーショットは歯ではなくて、バウンスから入れてゆく 4/5
ピン型とマレット型、パターの選び方とドライバーとの相性 4/2
ボールをどんどん右に置いていくアウトサイド・インの直し方) 3/29
左の腰がダウンスイングからインパクトで早く開き過ぎる 3/26
左手の親指の位置を変えてもスライスが直らない(↓に加筆) 3/22
左手のグリップと親指の位置:ロングサムとショートサム 3/19
棒立ちのアドレスの重心の高さ 3/15
バックスイングで体を回転させる簡単な方法とは? 3/12
OBを避けようとするほどに何故、OBになる・・? 3/8


ホーム | 1日3分でシングルになる方法 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフショップ | ゴルフクラブの選び方
ゴルフ用品ピックアップ | リンク集 | サイトマップ | 当サイトについて

ゴルフの基礎編 | ゴルフスイング | ショートゲーム | トラブル解決編 | スライスの直し方・ドローボールの打ち方
飛距離アップ編 | 上級編 | メンタル編