ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ダフリの原因と直し方。V字とU字のスイングについて

ダフリ※はトップと並んで、ゴルフでは多いミスの1つです。

※ダフリとは、ボールの手前の地面(芝)を先に打ってしまい、飛距離をロスしてしまうショット、ミスのことを言います

ダフリはたまに出てしまう程度であれば問題はないかも知れませんが、繰り返し出てしまうようであれば、スイングに何かしら問題があるのかも知れません。

今回は、そんな繰り返すダフリの原因について、また、原因を知った上でダフリの直し方についてもご紹介してゆきたいと思います。

目次

ダフリの原因はV字のスイング

ダフリにも色々な原因がありますが、一番多いのが「カットスイング」です。

カットスイングとは、言い方を変えると、アウトサイド・インのゴルフスイングのことですが・・・それがダフリの原因になっていることがよくあります。

アウトサイド・インのゴルフスイングとは、下の図のように、ダウンスイングで、クラブヘッドがボールとターゲットを結ぶターゲットラインよりも外側から降りてくるスイングのことを言います。

ボールを切るようなスイングになるので、カットスイングとも言われます。

このスイングをしている方は、ミスする時はダフリやスライスが多くなる傾向があります。

反対に、インサイド・アウトのスイングをしている方の場合、ミスする時はトップやフックボールが多くなります。

さて、このアウトサイド・インのゴルフスイングのどこがダフリの原因につながるのでしょうか?

実は、ダフリとアウトサイド・インのスイングには密接な関係があります。

アウトサイド・インのスイングの軌道について、先程は真上から見るような形でご紹介しました。(上の図参照)

今度は真横から(ゴルファーの正面から)見るような図にしてみますが、アウトサイド・インのスイングの場合(多くの場合)、ダウンスイングからインパクトにかけてクラブヘッドが鋭角に降りてきます。

もっと簡単な図にしてみると、ヘッドはダウンスイングからフォローにかけてVの字を描きます

わかりやすくするために極端な図にしていますが(実際にはこんな直線にはならないわけですが)、アウトサイド・インのスイングはヘッドが鋭角に降りてくるために、インパクトゾーンが非常に狭くなってしまうのが大きな問題になります。

繰り返しますがこの図はかなり極端な例ですが・・ただ、このような形になると、インパクト「ゾーン」というよりも、ほぼ「点」になってしまいます。

このようなスイングになると、ほんの少し手前からヘッドが入っただけでもダフってしまいやすく、ちょっとインパクトの位置がずれるだけで、フェースの芯に当たらなかったりして、ショットが安定しません。

ではどうしたらいいか?

ということですが、この鋭角なヘッドの入射角度を緩やかにすることでダフリを直してゆきます。

スイングのイメージですが、正面から見た際に、クラブヘッドがVの字ではなくUの字を描くようにスイングします。

ボールを上から打つというよりも、ボールを横から払い打つようなイメージです。

このようにU字のスイングにすることで、インパクトゾーンが広くなります。

すると・・多少、ヘッドが手前から入ったとしても、大きくダフったりせず、ソールが滑って、ボールに当たってくれるようになります。

プロを見ると毎回フェースの芯で完璧にボールを捉えているように見えます。

ただ、プロであっても機械やロボットではないので、スイングの軌道は微妙にですが、ブレることも勿論あります。

それでも、毎回ダフらずに、またはトップしたりせずにボールが打てる(打っているように見える)のは、このスイングの軌道に秘密があります。

スイングの軌道をV字ではなく、U字にすることで、インパクトが点からゾーンになります。

すると、多少ミスをしても、ダフったりせず、ボールが打てるようになってゆきます。

次にどうやったらV字のスイングをやめて、U字のスイングを手に入れることができるのか・・ということについて見てゆきたいと思います。

どうしたらU字のスイングが手に入るか?

さて、U字のスイングにするのが良いということがわかったところで、次はどうやってU字のスイングに変えることができるか?ということについて見てゆきたいと思います。

U字のスイング・・と言うとわかりにくいかも知れませんが、ただ、簡単に言うと、ボールを上から叩きつけるスイングではなくて、ボールを横から払い打つ形にすることで、自然とU字のスイングが手に入ります。

このような形のスイングになると、ダフルことは少なくなってきて、むしろ、ミスが出る時はトップだったりします。

上級者はこのような形でスイングしていることが多いので、ミスが出る時はダフリよりもむしろトップの方が多いかも知れません。

U字のスイングを手に入れるためには、上からではなく、横からボールを払い打つような打ち方をすることが大切ですが、もう1つ重要なことがあります。

それは、スイングの軌道をアウトサイド・インではなくて、インサイド・インに変えることです。

その前に・・スイングの軌道がアウトサイド・インになっている理由ですが、

①グリップがウィークグリップ
②アドレスで両肩のラインがオープンになっている
③スライスをカバーするために左を向くことが癖になっている
④スライスをカバーするために右を向いて引っ掛けを打っている
⑤アドレスで右肩の位置が高い
⑥ボールの位置が左過ぎる
⑦バックスイングで体重移動ができていない(リバースピボット

・・・などの原因が考えられます。

スイングの軌道だけを直そうと思っても、ダフリが直らなかったり、スライスが悪化するような場合は、その原因の部分を見直してみると、スイングやショットが見違えるように良くなるケースも多いです。

これについては、アウトサイド・インの軌道と原因についてカットスイングの7つの原因と直し方にて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

すくい打ちとダフリの直し方

ここまでは、ダフってしまう原因とカットスイング、V字のスイングについてご紹介してきました。

ダフリには他にも原因があります。

その一つが、すくい打ちです。(ボールをすくい上げるような打ち方のこと)

ゴルフはボールが地面に置いてあって、それを高く上げないといけませんから、多くのゴルファーは本能的にボールをすくい上げようとしてしまいます。

ただ、このすくい上げるような打ち方をしてしまうと、先ほどの例と一緒でインパクトがゾーンではなく、点になりやすく、また、ボールをすくい上げるためにヘッドを手前から入れたくなるのでダフリやすくなります。

特殊なショットを除いて、プロですくい打ちをしている人はいません。

すくい打ちをしている以上はダフリもなかなか直りませんので、もしすくい打ちをしている場合は、すくい打つ癖を直してゆく必要があると思います。

さて、すくい打ちをやめる方法ですが、これは、ボールを高く上げたいという本能に逆らうことになるので、大変かも知れません。

ただ、すくい打たない方が、フェースの芯に当たる、ボールが飛ぶ・・ということが実感できると、すくい打ちは自然と消えてゆくことが多いです。

すくい打ちをやめるために、いくつか意識できること、練習方法などがありますのでご紹介します。

1)目線を低く

アドレスで少々目線を低くして構えてみるのも1つの方法です。

ターゲットとボールを結んだ線上、ボールから数メートル程度のところに目印を見つけます。

そして、そこを見ながら、アドレスの構えに入るようにします。

ショットを打つ時は、左足下がりのライから打つような気持ちで、ヘッドを地面に沿って低く出してゆくイメージ、低いライナーを打つような、そんなイメージで打ってみます。

2)ベンチの下を通すショットを打つつもりで

これも低いライナーを打つイメージに似ていますが、ボールの1メートル先にベンチが置いてあるとイメージしてみます。

そして、そのベンチの下を通すショットを打つつもりでボールを打ってみます。

※ただし、あくまでもイメージですので、実際にやらないようにしてください。危険ですので

3)インパクトバッグを使った練習もおすすめ

以前にもご紹介しましたが、インパクトバッグという練習器具があります。

インパクトバッグ一覧

アイアンなどを持って、このバッグがボールだと思ってドン!と打つのですが、力強いインパクトの形を体感するにはとても効果的な練習グッズで、おすすめです。

使える場所があれば・・ですが、すくい打ちをしている方にもおすすめかなと思います。

4)高くティーアップしたボールを低く打ち出す

もう1つ。練習場のティーを一番高くセットします。

そしたら、9番アイアンなどを使って、その高くティーアップされたボールを打ってゆきます。

この時、ボールは高く上げないようにしてみます。9番アイアンでライナーのような低いボールを打つようにしてみます。

すくい打っていると、そのようなショットは絶対に打てません。ややダウンブローのイメージで打ってみてください。

すくい打ちをしている方にはおすすめの練習だと思います。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
感謝。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。