トラブル解決編 「1日3分でシングルになる方法」

ロングアイアンの打ち方

ロングアイアンは誰もが苦手なクラブではないでしょうか?

今ではユーティリティクラブがありロングアイアンをバッグには入れないのが一般的ですが、やはりロングアイアンをスイートスポットで捉え、ゴルフボールが風を引き裂いて飛んでゆくショットは憧れではないでしょうか?

逆に「自分はロングアイアンが好きだ。」というゴルファーもいらっしゃいます。そんな方と苦手な方では何が違うのでしょうか?

今回はロングアイアンの打ち方についてご説明したいと思います。

ロングアイアンの打ち方のコツとは?

ロングアイアンの特徴は何と言っても少ないロフトと長いシャフトです。
特にロフトの少なさがゴルファーを苦しめます。

しかし、他もそうであるようにロングアイアンでも打ち方にコツがあります。

それをご紹介する前にスイートスポットに当てるボールの見方を参照いただくとよいかと思います。

また、ゴルフ基礎編でご紹介している通り、グリップができていなければいくら練習してもロングアイアンは打てるようにはなりませんので、グリップも見直してゆくことも大切かと思います。

ロングアイアンで一番重要なこと・・・それは払い打つということです。カット軌道のゴルフスイングでは飛距離の出る強いロングアイアンは打てません。

ロングアイアンで綺麗なボール、気持ち良いショットを打つには、ボールを横から払い打つ必要があります。

それを実践する最初のステップをここで説明したいと思います。

まず、いつも通りに構えてください。ボールの位置についてはボールの位置も参考になさってみてください。

ゆっくりとバックスイングして、そして、ダウンスイングに入り、インパクトの手前5センチ程度のところで止めます。

次にゆっくりスローモーションでボール手前の芝をなでるようにクラブヘッドをボールの5cm手前からボールまで動かしてください。

次にまたスローモーションでボールに当てた後またボールの後の芝を5cm程度なでるようにヘッドを動かします。

このイメージがまさにロングアイアンを打つ最大のコツです。つまりレベルブローを実践するにはボールの前後、それぞれおよそ5cmの芝をなでるように打つ必要があります

このスローモーションを何度も何度も繰り返してください。
そして、体にその感覚を覚え込ませます。

もう一つのコツは手前5cmの芝をなでるときややインサイドから芝をなでることです。これでインサイドから振り抜くことができ、よりレベルブローで打ちやすくなります。

しかし、インサイドから振り抜くためにはあなたにとって正しいグリップが必要です。多くの人はウィークグリップで握ってしまっているために、インサイドから振ると余計フェースが開くことになります。

だからグリップが間違っていると、もしくはウィークグリップだといつまで経ってもロングアイアンが打てない・・・ということになるのだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは

↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。
一度ご覧になってみてください。

ゴルフ用品他 最新トピックス 毎週更新!
関連記事
最新記事 毎週2回更新!

トピックス

HOT LISTのメダリストに輝いたアイアン特集
上級者好みの美形アイアンを試打検証・・・ということですが、既に高評価を得ているメダル受賞アイアンの実力をアマチュアが実験します。



ゴルフクラブ・ショップ比較

ゴルフ場予約サイトリスト

当サイトでご紹介したモノ

よく読まれている記事