ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

フェースをコントロールするための練習方法

以前、イチロー選手が「バットの先まで神経が行き届いている」・・・という話をしていたことがありました。

イチロー選手にとってバットは道具というよりも体の一部・・・なのかも知れません。

イチロー選手は以前に「バットにボールが当たらないなんて考えられないです。」・・・といった言葉も残しています。

これは体の一部だと感じられるからこそ言える言葉なのかも・・。

ゴルフでも、クラブフェースを感じることは大切なことだと思うんです。

技術的なこと。例えばスイングプレーンなど、ゴルフスイングの形などは教えてもらうことが出来ます。

しかし、感覚的なものは自分で習得するしかないのかも知れません。

ただ、フェースを感じ取るようになるための練習方法ならいくつかあります。

ゴルフクラブの先端までを感じとる

その練習方法ですが・・・ゴルフボールでリフティングをやったことありますか・・・?

タイガー・ウッズなどのプロがゴルフボールをフェースでポンポンとリフティングしているのを見たことがあるかも知れません。

タイガー・ウッズの場合は、ドライバーのクラウン(ヘッド上部)でボールをリフティングすることもできるようです・・。

このリフティング、ただ魅せるためだけではないと思うんです。

リフティングを上手にこなすには、フェースの向きを感じ取る必要があり、神経をフェースに集中させる必要があります。

「難しそうだなぁ・・・。」

・・・と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、コツがわかると案外できたりします。

簡単にリフティングができるようになるためのヒントですが・・・

1)クラブは一番ロフトの大きいサンドウェッジを使う
2)まずリフティングを始める前に、フェースを真上に向けながら、上下に動かす練習をする
3)クラブは右手(右利きの場合)で握り、グリップ(クラブ)は短めに持つ

ここまでが最初のステップです。

サンドウェッジのフェースを真上に向けることがポイントです。

最初はボールではなくて、フェースの上に平らなもの、例えばお財布などを乗せてみてもいいかも知れません。

色々なものをフェースに乗せてみます。(クラブヘッドは地面から浮かせて下さい)

次のステップですが・・・

4)フェースの上にボールを乗せてみる。リフティングはまだ始めない
5)その状態で何秒耐えられるか、自分の記録をつけてみる
6)1分間耐えられるようになったら、リフティングをはじめる

最初はボールを乗せる時に多少苦労するかも知れません。

しゃがんで手でフェースに乗せてもいいですし、足でゴルフボールを押さえておいてフェースをボールの下にすべり込ませるようにしてもいいと思います。

そして、何回リフティングできたか、記録してみるのも楽しいと思います。

最終的には左手でもリフティングにチャレンジしてみてもいいかも知れませんね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。