ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーだけストロンググリップで握るという方法

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、ドライバーだけストロンググリップで握るという方法について解説していきたいと思います。

尚、ストロンググリップ(フックグリップ)についてはこんな記事も書いています。

目次

ドライバーだけストロンググリップで握るという方法

例えば、アイアンはスクエアグリップで握って、ドライバーだけストロンググリップで握る。

そんなやり方をしてもいいでしょうか?

これは一般的なやり方ではありませんが、ただ、実はプロでもそれに似たことをしている人もいます。

一般的には、例えば、アイアンをスクエアグリップで握る場合は、ドライバーも同じようにスクエアグリップで握ります。

当サイトでも、基本的にはどの番手でも同じグリップで握ることをおすすめしています。その方がショットが安定しやすいためです。

ただ、場合によっては、例えば、ドライバーだけグリップを変えることのメリットもあります。

先ほど、プロでもそれ(ドライバーだけストロンググリップで握ること)に似たことをしている人もいますとお伝えしましたが、中にはここ一番で飛ばしたい時に、右手を少しだけストロンググリップで握って打つ・・そんな人もいます。

ドライバーだけストロンググリップで握る際の2つのやり方

さて、ドライバーだけストロンググリップで握る際のやり方ですが、2つあります。

1つは、左手も右手もストロンググリップで握るという方法。

もう1つは、左手だけ、もしくは右手だけストロンググリップで握ってみるという方法です。

この2つの方法ですが、前者の左も右もストロンググリップで握る方法でもいいのですが、最初に試すのであれば後者の、左手だけ、もしくは右手だけストロンググリップで握るという方法がおすすめです。

両手でストロンググリップで握ってもいいのですが、それだとドライバーとアイアンで(インパクトでの)フェースの閉じ方が大きく変わってきて、ショットをコントロールするのが難しくなる場合があります。

ですので最初は、右手だけ、もしくは左手だけストロンググリップで握ってみるのがおすすめになります。

以前にもご紹介しましたが、ドラコンの世界選手権で何度も優勝したシーン・フィスターという選手がいるのですが、彼は右手を左手よりもストロンググリップで握っていました。

どちらの手でもいいのですが、最初は両手ともストロンググリップにするのでなく、左右の手のどちらかだけストロンググリップにしてみるのもいいと思います。

その方がフェースが閉じる度合いも少なく、ショットもコントロールしやすいと思います。

ただ、人によっては左手も右手もストロンググリップにして打った方がいい人もいますので、その辺は試行錯誤してみるのも面白いかも知れません。

右手だけストロンググリップで握るということについては下記の記事でご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

右手をストロンググリップにするとボールを叩きやすくなる

また、フックグリップの握り方については下記の記事にて詳しくご紹介しています。

フックグリップ(ストロンググリップ)の握り方。特徴やメリットも

グリップを変える以外にも、スタンスを変える方法もある

ここまでドライバーだけグリップの握り方を変える方法について見てきましたが、他にも、ドライバーだけスタンスを変えるというやり方もあります。

これはどういうことかと言うと、例えば、ここ一番でドライバーを飛ばしたい時や、ドライバーだけスライス系のショットが出る・・という場合は、スタンスをスクエアスタンスではなく、クローズスタンスにして構える、というやり方です。

先ほど、プロの中にはここ一番で飛ばしたい時に右手を少しだけストロンググリップで握って打つ人もいますと言いましたが、そんな場面、飛距離を稼ぎたい場面で、クローズスタンスで構えて打つ、という人も中にはいます。

クローズスタンスは他の2つのスタンス、スクエアスタンス、オープンスタンスに比べるとダウンスイングでクラブをインサイドから振り下ろしやすく、ドローボールが打ちやすい、飛距離を出しやすいスタンスになります。

勿論、グリップを変えるやり方でもいいのですが、グリップの握り方はスイング中のフェースの向きに直結してくるだけに、グリップの握り方を変えてしまうと急にフェースが閉じたり、開いたりすることもあって、ショットをコントロールするのが難しくなるケースもあります。

その場合、もしグリップの握り方を変えるやり方がうまくいかない場合は、スタンスを変えるやり方も試していただくといいかも知れません。

クローズスタンスの構え方やその際に注意したいことについてはクローズ(ド)スタンスの構え方、利点と欠点についてにて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ということで、今回はドライバーだけストロンググリップで握るという方法について色々と見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。