ゴルフ総合研究所HM > トラブル解決編 >
トラブル解決編

プッシュアウトの原因と直し方

プッシュアウトとは、ターゲットよりも右に出て、そのまま真っ直ぐ右に飛んでゆくショットのことを言います。

右に出て、さらに右に曲がるショットの場合は、プッシュアウト・スライスなどと呼ばれますが、今回はプッシュアウト・スライスではなくて、プッシュアウトの原因と直し方について書かせていただきたいと思います。

原因はスイングの軌道・・・だけど・・

プッシュアウトの原因といっても、様々なものがありますが、一般的にはプッシュアウトの原因はスイングの軌道で、もっと言うと、スイングの軌道がインサイド・アウトになった時にプッシュアウトが出やすくなります。

クラブヘッドが飛球線の内側から降りてきて、ボールに当たって、飛球線の外側に抜けてゆくと・・・インサイド・アウトになりますが、このヘッドの軌道に対して、フェースがスクウェアだった場合はプッシュアウトになり、フェースがその時に閉じていれば、右に飛び出して、左に曲がるフックボールが出やすくなります。

そういう意味で、プッシュアウトとフックボールはいとこのような関係と言えるかも知れません。

その反対が引っ掛けとスライスの関係です。この2つも引っ掛けの原因と直し方でご紹介させていただきましたが、とても深く関係しています。

さて、インサイド・アウトのスイング軌道がプッシュアウトの原因なのですが、そもそも何故インサイド・アウトのスイングになってしまったか・・・ということになると思います。

1つはフックボールを打ちたくない・・・そう思ってしまうことが関係しているのかも知れません。

左に打ちたくない・・・そう思った時、何をするかと言うと、右に打ち出そうとするわけです・・・つまり、インサイド・アウトに振ることで左を避けているわけですが、これがフックボールを余計ひどくしてしまうこともあります・・。

いずれにしても、フックボールを直そうとすると、プッシュアウトが自然と直ることがあります。フックボールの直し方についてはフックの直し方を参照いただければ幸いです。

インサイド・アウトのスイングになってしまうもう1つの原因はボールの位置かも知れません。

もしボールの位置とその基準でご紹介した位置よりもかなり右にボールを置いていらっしゃる場合・・・それがプッシュアウトの原因になることもあります。

ボールの位置というのはショットに大きな影響を与えると思うんです。

ボールの位置は自分にとっての正しい位置というものがやっぱりあって、それは個人差がありますが、その自分にとっての正しい位置よりも大きく右にボールが置かれている場合はやはりプッシュアウトが出やすく、その位置よりも左に置かれている場合は引っ掛けが出やすくなります。

ボールの位置を変えてプッシュアウトを修正してゆく

さて、今度はプッシュアウトの直し方ですが、引っ掛けの原因と直し方でご紹介したことと似た方法が効果的かも・・知れません。

この練習はご友人などに手伝ってもらって、ボールの打ち出し方向を確認して、修正してゆく・・・という練習方法です。

まず10ヤード先のポイントや何か目印になるものをターゲットにして構えます。

そのターゲットとボールを結んだ飛球線に対して、両足、両肩、腰、両膝のラインが平行になるように構えます。クラブを体に当ててみると平行かどうかが分かります。

次にご友人などに真後ろに立ってもらい、打ったボールが10ヤード先のポイントの左右どちらかを通過したかを見てもらいます。

プッシュアウトが出ている方はこのポイントより右をボールが通過していると思います。

その場合は、ボールがその目印(ターゲット)に向かって飛び出すまで、ボールの位置を左へとボール半個づつ・・・移動し続けてみます。ボールがフックしても構いません。フックを直すのは後にして、軌道を最初に修正してゆきます。

ボールが10ヤード先のポイントを通過するようになったら、今度はグリップを変えてボールの曲がり具合を修正してゆきます。

グリップに関してはゴルフ基礎編フックを直すためのグリップ方法でご紹介した方法を参考にしていただければ幸いです。

後はご自分なりにもう少しウィークグリップで握ってみたり・・・という風に調整されるといいかと思います。

コースでプッシュアウトが止まらない時の応急処置

ここまでプッシュアウトの原因と直し方について見てきましたが、コースでプッシュアウトが出て、止まらなくなってしまった時の応急処置について考えてみたいと思います。

コースでは本当はあまり修正しようとするより、その日、その時の自分が打っているショットの中で、攻め方を決めてゆく、組み立ててゆく・・・ということが僕は本当はおすすめです。

フックボールばかり出るようであれば、それに逆らわず、大きく曲げて攻めるような気持ちで、フックボール一本でゆくような気持ちでいいと僕はそう思っています。

ただ・・「どうしても何とかしたい!」ということもあると思います。

プッシュアウトのようなボールはなかなか、そのプッシュアウトでコースを攻めるというのも難しいと思いますので・・・

そのような時の応急処置、プッシュアウトが突然連発するようになった時の応急処置としておすすめのものが2つあります。

まず、1つ目ですが、ティーグラウンドでも、またはフェアウェイでもバンカーの脇でもどこでもいいのですが・・・つま先上がりになるような場所を探します。

コースでは至るところにそんな場所があると思います。

そしたら、プレーの妨げにならない範囲で、プッシュアウトが出ているクラブ(番手)などを持って、そのつま先上がりのライで素振りを繰り返します。

たったこれだけですが、案外効果があります。

もう一つの応急処置はこれはスイング中にできることですが、スイングのどこかを意識したりすることはせず・・・ただ、インパクトでボールがフェースに当たってつぶれているところを見る・・・ということをします。

実際にはボールがつぶれているところは肉眼では見えないと思いますが、それでも、見ようとしてみます。

ショットの行方より、もしくはよいショットを打つことよりも、そのボールがつぶれているところを見ること、もしくはそのボールがつぶれているところをインパクトの際に思い描くことの方を目標にしてみます。

このような形でスイングしようとすると、自然と頭が残り、振り遅れやプッシュアウト、もしくはプッシュアウト・スライスなどが直ることがありますし、力がよりボールに伝わって飛距離が伸びることも、あります。

応急処置として2つご紹介しましたが、ただ、どちらもプッシュアウトを直してゆく上でもおすすめの方法だと思います。

特に2つ目は慢性的にと言いましょうか、ルックアップが癖になっていてそれが原因でプッシュアウトや振り遅れになっている方にはおすすめの改善方法だと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。