ホーム > ゴルフ基礎編 >
ゴルフ基礎編

ボールの位置が右過ぎる、左過ぎるのではないかという錯覚

ゴルフ基礎編ボールの位置では、ボールの位置について、色々とご紹介させていただいてきました。

ボールの位置だけでよくそんなに書くことがありますね・・・なんて言われてしまいそうですけど・・・でも、あるんです。(笑)

僕はそれだけ重要なことじゃないかなと・・思うんです。ボールの位置は。

さて、少し前置きが長くなりましたが、アドレスで構えます。その時、自分のボールの位置が例えば、右にあり過ぎると思って、もっと左に置きたくなることがあります。

これはきっと右には打ちたくないと思われる方の癖のようなものかも・・・知れません。

逆に構えた時に左過ぎるんじゃ・・・と思われる方もいらっしゃるかも、知れません。その方はきっと左には打ちたくないと思われたのではないでしょうか。

でも、その不安というものは、ただの錯覚・・・ということもあります。

バックスイングのトップで止めてボールの位置を見る

ボールの位置が右過ぎるのではないかなと・・・思ってしまうことがあります。このまま打てば、フェースが開いたままボールに当たってしまうのでは・・・と。

それで実際に打ってみたら、そんなことはなかったり、ボールの位置をもっと左にしたら、チーピンや引っ掛けが出た・・・ということも・・。

自分にとっての正しいボールの位置って、アドレスでは見極めるのが難しいのかも・・・知れません。

野球のバッターはある意味、バックスイングをしてしまった状態で構えます。

でも、ゴルフはクラブをボールの後ろにセットした状態で構えます。
そして、バックスイングをして・・・という順番です。

バックスイングをした状態というのは、右足に体重が移動されていて、その分、頭の位置も若干右に移動しています。

顔も右に回転しますから、実際には頭はそれほど右に移動していなくても、バックスイングのトップではかなり右に移動したような感覚になるかも・・知れません。

この状態、つまり、バックスイングのトップで一回止めてみて、その状態でボールの位置を見てみます。

・・・すると、アドレスの段階で見た時より、ボールがかなり左にあるように見えると思うんです。

それもそのはず・・・実際にアドレスよりも自分が少しですが、右に移動していますし、頭が右に回転した分だけ、アドレスよりも右に移動したように感じるからです。

そう考えてゆくと・・・アドレスでちょっと右過ぎるかな・・・と思う位が、実はちょうど良いのかも・・・知れません。

ゴルファーの方の多くはスライサーの方です。そして、スライサーの方はボールの位置が左過ぎるのです・・。

それはスイング中にフェースが開いてしまう・・・ということが一番の理由だとは思いますが、アドレスでのボールの位置を錯覚してしまっていることにも関係しているのかも・・・知れません。

ボールの位置が左過ぎると、引っ掛けが出ます。(ボールが左に真っ直ぐに飛んでしまいます)

すると、ターゲットの方向に打とうとする時にフェースを開かなくてはいけません。それがスライスの始まりになったりすることもあります。

少し話がそれましたが、バックスイングのトップで止めてみて、自分のボールの位置を確認してみる・・・というのも、自分にとって正しいボールの位置を見極める1つの方法なのかも、知れません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。