ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

グリップの握り方。手が小さい人、手が大きい人はどのグリップにしたらいい?

手が小さいのですが、どのグリップの握り方がおすすめですか?
手が大きいのですが、どのグリップの握り方がいいですか?

そんな風に聞かれることがあります。

ゴルフのグリップの3つの種類と利点・欠点でもご紹介しましたが、ゴルフのグリップには大きくわけて、3つの握り方があります。

1)オーバーラッピンググリップ
2)インターロッキンググリップ
3)テンフィンガーグリップ

今回はこの3つのグリップについて、

といったことについて見てゆきたいと思います。

目次

3つのグリップの握り方

まず最初にグリップの握り方の種類について簡単にご紹介したいと思います。説明が不要な方はここは飛ばして、次に進んでいただければ幸いです。

さて、ゴルフのグリップの3つの種類と利点・欠点でもご紹介しましたが、ゴルフのグリップには大きくわけて、3つの握り方があります。

1)オーバーラッピンググリップ
2)インターロッキンググリップ
3)テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

それぞれの特徴を簡単にご紹介すると、

1)オーバーラッピンググリップ

最もポピュラーなグリップの握り方で、プロでもこの握り方で握っている人も多いです。

3つのグリップの握り方の違いは、簡単に言ってしまうと、右手の小指(右利きの人の場合)をどこに置くかの違いなのですが、オーバーラッピンググリップの場合は、右手の小指を左手の人差し指と中指の間にフィットさせるようにして重ねるのが特徴です。

オーバーラッピンググリップの利点と欠点は下記の通りです。

利点:

欠点:

詳しい握り方についてはオーバーラッピンググリップの握り方にて写真付きでご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。利点や欠点などについても詳しくご紹介しています。

2)インターロッキンググリップ

タイガー・ウッズやゴルフの帝王と呼ばれたジャック・ニクラウスなどはこのインターロッキンググリップです。

インターロッキンググリップは、右手の小指と左手の人差し指をからめるようにして握るのが特徴です。

インターロッキンググリップの利点と欠点は下記の通りです。

利点:

欠点:

詳しい握り方についてはインターロッキンググリップの握り方にて写真付きでご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。先ほどと同じく、利点や欠点などについても詳しくご紹介しています。

3)テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

3つ目のグリップがテンフィンガーグリップです。ベースボールグリップと呼ばれたりもします。

テンフィンガーグリップはその名前の通り、10本の指全部を使って握るのが特徴です。右手の小指は左手に乗せたり、絡めたりはせず、小指でもグリップを握る(触れる)ような形になります。

テンフィンガーグリップの利点と欠点は下記の通りです。

利点:

欠点:

詳しい握り方についてはテンフィンガーグリップの握り方にて写真付きでご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。利点や欠点などについても詳しくご紹介しています。

手が小さい人におすすめのグリップ

さて、3つのグリップの特徴や利点、欠点について見てきました。

では、手が小さい人にはどのグリップの握り方がおすすめでしょうか?

結論から言わせていただくと、手が小さい人にはインターロッキンググリップ、もしくはテンフィンガーグリップがおすすめです。

手が小さい人とそれぞれのグリップの相性などについて少し簡単にご紹介したいと思います。

1)オーバーラッピンググリップ

これは先ほども少し書かせていただきましたが、オーバーラッピンググリップの場合、手が小さい人には合わないケースも中にはあります。

もっとも、手が小さい人でもオーバーラッピンググリップで握っている方も大勢いらっしゃいますし、手が小さいからオーバーラッピンググリップが合わないということではないと思います。

ただ、私がもし、手が小さい方にあえて、どれかグリップを選んでおすすめしなさいと言われたら、オーバーラッピンググリップはおすすめしないかも知れません。

勿論、繰り返すようですが、手が小さい人でもオーバーラッピンググリップが一番しっくりくる方もいますので、オーバーラッピンググリップを試してみるのはいいことだと思います。

2)インターロッキンググリップ

先ほども書かせていただきましたが、インターロッキンググリップは手の小さい人でも握りやすいグリップだと言われています。

右手の小指を左手に乗せるオーバーラッピンググリップと違い、インターロッキンググリップは右手の小指を左手の人差し指に絡めてゆくわけですが、この握り方だと例えば、指が短い方でも比較的握りやすいと思います。

右手を生かしやすいグリップですので、スライスが出ることが多い人にもおすすめのグリップになります。

3)テンフィンガーグリップ

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)も手が小さい人におすすめのグリップになります。

オーバーラッピンググリップと違い、右手の小指を直接グリップに当てますので、インターロッキンググリップと同じく、手が小さい人や指が短い人にも握りやすいグリップだと思います。

また、10本の指全部を使って握りますから、力が入りやすく、非力な女性や飛距離不足を感じていらっしゃる方にもおすすめです。

また、テンフィンガーグリップだと力が入ってもコントロールが悪くなるのではと思っていらっしゃる方もいますが、このグリップの方がかえってクラブやショットをコントロールしやすいと感じる人もいます。

いずれにしても、一度は試してみる価値のあるグリップではないかなと思います。

手が大きい人におすすめのグリップはあるか?

では、手が大きい人にはどのグリップの握り方がおすすめでしょうか?

結論から言わせていただくと、手が大きい人の場合は上記の3つのグリップ、どれを使っていただいても構わないと思います。

手が小さい人の場合は、オーバーラッピンググリップが合わないこともあるのですが、手が大きい人の場合はそういったことは少ないので、どのグリップでもいいかと思います。(全部試していただくといいかと思います)

ただ、それぞれのグリップについて少し書かせていただくと・・

1)オーバーラッピンググリップ

手が小さい人に比べると、オーバーラッピンググリップは手が大きい人と相性の良いグリップだと思います。

手が小さい人や右手の小指が短い人の場合は、右手をしっかりと左手に合わせることができなかったりして、両手の一体感が出なかったり、スイング中にグリップが緩んでしまうこともあります。

ただ、手が大きい人の場合はそういったこともないと思います。

オーバーラッピンググリップは、左手主導で打ちやすく、また、右手が強すぎてフックボールが出てしまう方にもおすすめのグリップになります。

2)インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップは手が小さい人にすすめられることが多いグリップですが、手が大きい人でも問題なくインターロッキンググリップで握ることができると思います。

タイガー・ウッズがこのグリップで握っていることは先ほどもご紹介しましたが、手が大きい人、指が長い人でもこのグリップで握っている人は大勢います。

インターロッキンググリップは右手を生かしやすいグリップですから、振り遅れたり、スライスが出てしまう人にもおすすめです。

また、オーバーラッピングよりもインターロッキングの方が力が入ると感じる人もいますから、飛距離不足を感じていたり、どこかボールに力が伝わっていないように感じている人にもおすすめのグリップになります。

3)テンフィンガーグリップ

テンフィンガーグリップも手が大きい人におすすめできるグリップです。

アマチュアゴルファーの中にはこのテンフィンガーグリップで握っている方が案外多くいますが、右手と左手、どちらも生かしやすく、力が入りやすいグリップだと思います。

インターロッキンググリップと一緒で、飛距離不足を感じている方やボールに力が伝わっていないように感じている人にもおすすめです。

また、先ほども書かせていただきましたが、このグリップが一番クラブをコントロールできると感じる人も多いので、スイングやショットを安定させたいと思っている方も一度はこのグリップを試してみる価値はあるかも知れません。

3つのグリップの握り方について

さて、ここまで手が小さい人、手が大きい人に合うグリップ、おすすめのグリップについてご紹介してきました。

ただ、これはあくまでも一つの目安、または一つの考え方であると思っていただければ幸いです。先ほども書かせていただいた通り、例えば、手が小さい方でもオーバーラッピングが合っていると感じる方もいらっしゃいますので。

一番いいのは、やはり全ての握り方をできれば一定期間試してみる・・ということかなと思います。

実際にそのグリップでショットを打ったり、コースを回ることで見えてくる利点ですとか、欠点というものもあると思いますので。

3つのグリップの握り方などについては下記の記事にてご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。