ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

グリップの握り方:右手をかぶせるとスライスする!

スライスを直そうと、グリップを握る際に右手を一生懸命かぶせて(右手の人差し指と親指で作るVの字があごまたは左肩の方を指していること)いる方を見かけます。

これはきっとスライスを防ぐために、右手をかぶせることでフェースが開かないようにしている思うのです。

でも、これをやればやるだけフェースはインパクトで開いてしまいます。

ゴルフというのは面白いもので・・直感でこうではないかと思ったことの逆がよく正しいことだったりします。

右手のグリップも同じように、構えた時にかぶせるようにすると、インパクトで開きます。

右手の人差し指と親指の間にV字ができると思います。このV字があごを指していると、バックスイングをして、ダウンスイング、そしてインパクト・・・となった時に右手は右に回転してしまっていて、つまりフェースが開いているわけですが、スライスが出やすくなります。

フェースをインパクトで閉じたければ、むしろ逆をしなくてはいけません。

アドレスで右手をかぶせるのではなく、逆に開くと言いましょうか、今の握る位置よりも右に回転させてからグリップを握ります。

そうすると、右手が開いているような錯覚になって、スライスが出るのでは?と怖くなりますが、右手は右に回転させて構えれば構えるほど、インパクトで左に回転しますので、フックが出やすくなります。

左手のグリップにも原因がある

そもそも、右手をかぶせたくなるのは左手にも原因があるから・・・だと思うのです。

左手がウィークグリップなのかも・・知れません。

かぶせる癖のある方はご自分の左手のグリップをチェックされてみてもいいのかも知れません。

左手のグリップのチェック方法については下記の記事でもご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。

左手の3本指でグリップの良し悪しが決まってしまう
ロングサムとショートサム。左手の親指の位置について
左手のこぶしの山の数とスクエア、ウィーク、フックグリップ

スライスで悩んでいる方はまず、左手をフックグリップ(ストロンググリップ)(左手のこぶしの山が3個か3個半見えるように)してみてください。

次に右手です。

右手の人差し指と親指の間でできるVの字は右肩かそれよりも少し右をさすようにしてみます。

このような握り方にすると、スライスが改善されることがあります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。