ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

18番ホールまで同じリズムでスイングするには?

スタートホールから18番ホールまで同じリズムでスイングする・・・もしそんなことができたら、スイングもショットそのものも安定してくると思うんです。

ちょっとしたスイングのリズムの乱れが、ミスにつながったり、そこから、スコアが崩れてしまうことってよくあることだと思うんです。

プロ、とくにトッププロを見ていると、常に一定のリズムでスイングしたり、プレーしているように見えます。

スイングには再現性があり、安定しています。同じリズム、同じタイミングでスイングをしていて、ショットは殆ど乱れません。

どうやったら同じリズムを保てるか?

だけど、そうやって同じリズムを保つことってとても難しいことのように思ってしまいます。

同じリズムでスイングしなさい・・・そんな風に言われても、それをどう実践していいかがわからなかったりします。

ただ、1つ簡単な方法があって、それはトッププロを見ているとわかるのですが、スイング以外のところで・・・・同じリズムを保つ・・・ということで。

これはどういうことかと言うと、例えば、歩くリズムです。

歩く時も同じようなリズムで歩くようにします。

例えば、ナイスショットをした後はリズムよく、らんらんらん♪みたいな感じ・・・で歩いていたのに、ミスショットの後は、肩を落としてゆっくり歩く・・・

林の中に入れた時は早くボールを見つけなければ・・・と走る、逆にセカンドショットがベタピンだと、余裕を持ってゆっくり歩く・・・

迷惑をかけないように走る・・・ということはある程度は仕方がないことかも知れませんが・・・それ以外の場合は、このように歩くリズムがバラバラですと・・・スイングのリズムにも影響する・・・かも知れません。

グリーンの上でも・・・

バーディパットの時はゆっくりした動作でパットに入るけど・・・ボギーパットはささっと打ってしまう・・・

これもリズムがバラバラなわけですが・・・・こういうことをしてしまうと、パットのストロークのリズムさえもバラバラになりがちだと思うんです。

同じリズムでスイングをするには、そういうスイングやストローク以外の部分でリズムを整えてゆく・・・という方法もあるように思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。