ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショットが右に飛んだり、ダフり過ぎたり、ボールに直接当たる

バンカーショットがピン(目標)の右に飛ぶことが多い、またはダフり過ぎてしまって(砂を多くとり過ぎてしまって)ボールが出なかったり、またはボールに直接当たってしまうこともある・・・

今回はそんな問題について解決策を考えてみたいと思います。

バンカーショットはスタンスラインに沿って左に振り抜く

バンカーショットではフェースを開いてから・・・グリップをします。

そして、フェースを開いた分だけ、体も左に向けて構えます。つまり、オープンに構えて打つのがバンカーショットの基本になります。

通常は、ボールとターゲットを結んだターゲットラインと体の向き、両足のライン、両肩のラインが平行になるようにして構えます。

ただ、バンカーショットの場合はフェースを開いた分だけ、上記よりも体、両足のライン、両肩のラインを左に向けて構える形になります。

バンカーショットの打ち方についてはバンカーショットの構え方と打ち方のコツで書かせていただきましたので、そちらもよろしかったら参考になさってください。

さて、ボールが右へ飛んでしまう・・・ということの原因の1つは、つい、無意識のうちに通常のショットと同じようにターゲットに向かって振り抜こうとしている・・・ということが挙げられます。

ただ、バンカーショットではいつもよりも左を向いて構えていますから、スイングもスタンスのラインに沿って、ターゲットよりも左に振り抜く形になります。

このようにスイングすると、目標の左にボールが飛んでしまうのではないかと思われるかも知れませんが、フェースを開いて構えていますので、大丈夫です。

ボールは目標に向かって飛びます。

もし、スタンスラインに沿って振るのではなく、目標に向かってと言いましょうか、通常のショットのようにスイングしようとすると、極端なインサイド・アウトで振っている形になります。

また、ボールの位置はバンカーショットの場合は左足寄りにしているケースが多いと思いますが、そんなことも手伝って、ダフリやすくなったり、またはボールに直接当たってしまうといったミスも起こりやすくなります。

何より、スイングの軌道が安定しなくなるので・・・ショット自体も安定しなくなります。

ボールを上げようとするとダフリやホームランになりやすい

また、バンカーショットはグリーンよりも低い位置から打つことが多いと思います。

すると、心理的にボールを上げなくては・・・と思ってしまうようになります。

そうなると、ボールをすくい上げるようなスイングに自然となってしまって、それがダフリやホームラン(ボールに直接当たること)の原因になることがあります。

ゴルフでは面白いもので・・・ボールを上げようと思うとボールは上がらないようにできています

ですので、ボールを上げたいと思った時はボールを上げようと思わないこと・・・なのですが・・・それもまた、難しいかも知れません。

そこで、バンカーショットの場合は、ボールを上げたいと思った時は、フェースを開いたままクラブを砂にドスン!と落とすことを意識してみます。

ボールを自分で高く上げようとするのではなく、フェースにその仕事をしてもらいます。

そのために自分でできることは、フェースを閉じないように開いたまま、インパクトするように意識することだと思います。

また、すくい打ちを予防するために、クラブを砂にドスン!と落とす意識でスイングするといいかも知れません。

これは先ほどのボールを上げたい心理の真逆なので・・・最初は抵抗があるかも知れませんが、すくい上げようとするより、ボールは簡単にバンカーから出ることを実感すると、その抵抗もなくなってゆくと思います。

もう一つのポイントが、フェースを開いたまま・・・クラブのバウンスから・・・砂にドスン!と落とすイメージで打つことです。

バウンスの図。この↑出っ張っている部分がバウンスです。

リーディングエッジではなく、バウンスから砂に入れてゆくでもご紹介しましたが、そのような形で、ヘッドを上からドスン!と砂に落としてもヘッドは砂に潜り過ぎたりはしません。

フェースを開いたまま、バウンスからヘッドを砂にドスン!・・・という意識でスイングすることはダフリ防止やホームランの予防にも良い方法だと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。