ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パッティング:スピードはどの位が正しい?

パッティングではスピードによってラインも変わってきます。

多くの方はパットのラインは読むけれど、スピードに合わせて曲がり幅が変わることはあまり考慮されないかも・・知れません。

フック・スライスラインは勿論、ボールのスピードが速ければあまり曲がらないしスピードが遅ければ大きく曲がります。

ショートゲームのスペシャリスト、デイブ・ペルツ氏は3メートルから7メートル程度のパットをプロは殆どショートしないのに対して、アマチュアはどのレベルであってもその多くがショートしていることを発見したそうです。

ボールのスピードとパッティング

ではパッティングにおける完璧なスピードってどの位なのでしょうか?

ペルツ氏によれば、もしカップを通り過ぎていれば43センチ(カップを)通り過ぎるペースが一番良いのだそうです。

しかし、ベン・クレンショー、ボビー・ジョーンズ、ジャック・ニクラウスなどパターの天才とも言われたゴルファー達は、カップを10センチ通り過ぎるペースで打っていたそうです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。