ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーをアッパーブロー、レベルブロー、ダウンブローで打つことのメリットとは?

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、ドライバーを

で打つことのメリットについてそれぞれ解説していきたいと思います。

また、記事の中では、

ということについてもご紹介したいと思います。

尚、今回の記事に関連してドライバーの打ち方。アッパーブローで打つべきか?払い打つべきか?という記事もアップしていますので、よかったらそちらも参考になさってください。

目次

アッパーブローで打つことのメリット

まずはドライバーをアッパブロ―で打つことのメリットについて見ていきたいと思います。

アッパーブローで打つことの最大のメリットが、「飛距離が出る」ということです。

プロの中でも、ここ一番で飛距離を出したい時には、ボールを高めにティーアップして、アッパーブローで打つという人もいます。

また、PGAツアー、LPGAツアーの男子プロと女子プロを比較すると、男子プロは十分に飛距離が出るため、コントロールを重視する選手が多いのですが、女子プロの場合は飛距離を求める選手が多いです。

その結果、PGAツアーの男子プロはドライバーをややダウンブローで打つ人が多く、女子プロはややアッパーブローで打つ人が多いです。

男子プロが何故ダウンブローで打つのか?ということについては後ほどご紹介します。

女子プロは何故、ドライバーをアッパーブローで打つのか・・ということですが、これは主に飛距離を出すためだと思います。

ドラコンの選手を見ると、女子プロよりもさらに強めのアッパーブローで打つ選手が殆どですが、これも飛距離を出すためです。

でも、何故アッパーブローで打つと飛距離が出るのか?ということですが、それはアッパーブローで打つことで打ち出し角を高くできること、スピン量を抑えることができることが主な理由です。

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、

①ボール初速を上げる
②打ち出し角を高くする
③スピン量を抑える

といった3つが大切になってきますが、アッパーブローで打つことで②打ち出し角を高くすることと③スピン量を抑えることができるようになります。

ちなみに、どの程度アッパーブローで打てばいいか?ということについては下記の記事にてご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ドライバーの打ち方。アッパーブローで打つべきか?払い打つべきか?

レベルブローで打つことのメリット

次にドライバーをレベルブローで打つ(横から払い打つ)ことのメリットです。

1つ目のメリットが、「ショットが安定する」ことです。

アッパーブローで打つことに比べると、レベルブローの場合はスイングがシンプルで、その分ミスを少なくできるというメリットがあります。

そういう意味で、飛距離も欲しいけど、安定性も欲しい場合は、レベルブローの意識で打ってみるのもいい方法だと思います。

2つ目のメリットが、「プッシュアウトや振り遅れを予防できる」点です。

アッパーブローで打とうとすると、どうしても下からヘッドを入れてゆく意識が強くなり、すくい打ちになってしまって・・結果的にプッシュアウト系のショットが出たり、振り遅れたり・・・ということもよくあります。

そういったことを予防できるというのもレベルブローで打つことのメリットだと思います。

3つ目のメリットが、「スライスを予防できる」ことです。

特に普段ミスをする時はスライスが多いという人の場合、アッパーブローで打とうとするとフェースが開きやすくなることがあります

そういった方はアッパーブローよりもレベルブローの方が合っているかも知れません。

ダウンブローで打つことのメリット

次にドライバーをダウンブローで打つことのメリットです。

ドライバーの場合、ダウンブローで打つという方法は一般的ではありませんが、実は男子プロの場合、特にPGAツアー男子プロの場合はダウンブローで打っている人が多いというデータがあります。

さて、ダウンブローで打つことの一番のメリットが「ショットをコントロールしやすい」ということです。

先ほど、LPGAツアーの女子プロはドライバーをアッパーブローで打っているとお伝えしましたが、PGAツアーの男子プロのは、平均で1.3度のダウンブローで打っていたというデータがあります。

ダウンブローと言っても1.3度ですから、本当に若干のダウンブローということになります。

ただ、男子プロはそんな風にしてダウンブローで打っている選手も多いです。

でも何故、こんなことをするのか?

ということですが、一番の理由はショットをコントロールするためだと思います。

男子プロの場合は女子プロと違って十分に飛距離が出ます。

むしろ、トーナメントで勝つためには飛距離よりもコントロールが重要になってくるわけです。

ダウンブローで打つと、アッパーブローで打つ場合に比べて、ボールの打ち出し角は低くなります。すると弾道も低くなります。

これはアイアンでも同じことが言えますが、ボールは低く打った方がコントロールしやすくなります。

アッパーブローで打ち出し角を高くして、スピン量を減らして打つ・・ということをすれば、飛距離は出ますが、その分、曲がりやすくなります。

ダウンブローで打つことで、そういったショットを曲げてしまうリスクを避けることができるんですね。

また、特に上級者の場合やヘッドスピードが速い人の場合は、アッパーブローで打つと弾道が不安定になったり、または、フックボールが出やすくなったりすることもありますが、その場合は、ダウンブローやもしくはレベルブローで打つことでショットの方向性や飛距離が安定してくることがあります。

ダウンブローで打つことのメリットに関しては、ドライバーをダウンブローで打つことの4つの利点と欠点とは?の中で詳しくご紹介していますので、よかったらそちらもご覧ください。

ということで、今回はドライバーをアッパーブロー、レベルブロー、ダウンブローで打つことのメリットについて見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。