ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

【ゴルフ】オーバースイングが治らない。オーバースイングの直し方

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、「オーバースイングが治らない」というテーマでお話ししていきたいと思います。

目次

オーバースイングでも、直した方がいいとは限らない

さて、オーバースイングが治らないということですが、オーバースイングだからといって、直した方がいいかと言うと、そうは限らないんですね。

「オーバースイングだから直した方がいい」

そう言われ続けたのに、そのスイングでメジャーチャンピオンになったプロもいます。

多くの人が言う、オーバースイングというのは、誰かが決めた基準よりも大きなスイングであって、大事なのは、それが自分にとってオーバースイングなのかどうか?ということだと思うんですね。

次のその見分け方、そのスイングが本当に自分にとってオーバースイングなのかどうかの見分け方、そして、オーバースイングだった場合の直し方について見ていきたいと思います。

直すべきオーバースイングの見分け方とその直し方

さて、直すべきオーバースイングの見分け方ですが、3つのポイントがあります。

①体の回転が伴っていない

1つ目のポイントが、体の回転が伴っていないということです。

簡単に言うと、手や腕だけでスイングしている、いわゆる手打ちになっているケースですね。

この形、体の回転が疎かになっている場合は、いくら手や腕でクラブを大きく振ったとしても飛距離が出ません。

ですので、この場合のオーバースイングは直す必要があります。

その場合ですが、手や腕を振ることを一旦置いておいて、バックスイングでは回転することに意識を向けていただくといいと思います。

具体的には、バックスイングでは、胸、もしくはおへそを右に向けていく意識で回転するようにします

体の回転ができていない方は、胸が大袈裟に言うと正面を向いたまま、手や腕でクラブを振り上げようとしているので、その場合は胸を右に向ける意識でスイングしていただくと、大きく回転できるようになると思います。

そんな形で体の回転を意識することで、手や腕を無理に振る必要がなくなり、オーバースイングも自然と直ってゆくと思います。

また、体が柔らかい人の場合は、体をより深く回転させることができるのでスイングも大きくなり、他の人から見るとオーバースイングのように見えるかも知れませんが、体を深く回転させることでスイングが大きくなる分には何も問題はありません。

②左肘が大きく曲がっている

2つ目のポイントが、左肘が大きく曲がっているということです。

具体的には、バックスイングのトップ付近で左肘が大きく曲がってしまっている形ですね。

このような形だと、スイングは大きくなったように感じるのですが、左肘が大きく曲がってしまったことで、振り遅れやスライスが出やすく、飛距離はむしろ落ちます。

これは何故かと言うと、バックスイングで左肘を大きく曲げてしまうと、その大きく曲がった肘をダウンスイングのどこかで伸ばさなくてはならず、それが振り遅れなどの原因になるんですね。

ですので、この場合のオーバースイングも直す必要があります。

左肘ですが、多少曲がっていても構いません。ピンと伸ばす必要はないのですが、大きく曲がってしまうのはダメです。

バックスイングで左肘(左腕)は伸ばすべき?大きく曲がる場合も

この場合も、①と一緒で、手や腕でクラブを振るよりも、まずは体の回転を意識していただくといいかと思います。

そして、体の回転が止まったら、それ以上は腕は振らない(上げない)意識にしていただくといいのかなと思います。

飛ばしたいと思うと、どうしても腕を大きく振りたくなるのですが、手や腕を振るだけでは飛距離はそれほど伸びないんですね。

飛距離を伸ばしたい時はそれよりも体を大きく回転させた方がいいです。

その方が結果的に飛距離は大きく伸びます。

③右ひざが伸びている

3つ目のポイントが、右ひざが伸びているということです。

バックスイングの最中、もしくはトップ付近で右ひざが大きく伸びてしまっている場合も、直す必要があります。

バックスイングのトップ付近で右ひざを伸ばすと、より大きく回転できるような感覚になるのですが、それをやってしまうとある問題が出てきます。

それは何かと言うと、トップで右ひざが大きく伸びたり、伸び切ってしまうと、本来であれば、右足に乗っているはずの体重が左に移動してしまうんですね。

この形でダウンスイングに入ると、今度は体重が右に移動します。

本来は、バックスイングでは体重は右足に、ダウンスイングでは体重は左足に移動していくわけですが、この動きとは真逆になってしまうわけですね。

この動きをリバースピボットと言いますが、リバースピボットは飛距離ロスの大きな原因になります。

ですので、右ひざが大きく伸びてしまっているケースも、いくらスイングが大きくなったとしても、直す必要があります。

この右ひざを伸ばさない方法については下記にて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

ゴルフスイングと右ひざ。右ひざが伸びる原因?動かさないで固定すべきか?

ということで、今回はオーバースイングについて色々と見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。