ホーム > ゴルフの豆知識・雑学 >
ゴルフの豆知識・雑学

【ゴルフ】1ラウンド18ホールで消費するカロリーと歩く距離

今回は、1ラウンド18ホールで消費するカロリーと歩く距離についてご紹介してゆきたいと思います。

尚、消費するカロリーや歩く距離は、カートを使うか、使わないかによっても変わってきますが、今回は両方のケースで解説してゆきたいと思います。

目次

歩く距離(カートなし)

1ラウンドで歩く距離=およそ10km

1ラウンド18ホールで歩く距離ですが、まずはカートを使わず、全部歩いて回ることを前提に見てゆきたいと思います。

日本のゴルフコースの距離は、およそ6,200ヤード程度が平均だと言われています。

これはキロメートルに変換すると、およそ5.7キロになります。

ただ、プレーする際は、右に行ったり、左に行ったりしますし、ホール間の距離もそこに加わりますから、実際にはそれよりも歩く距離は増えます。

じゃあ、実際はどの程度歩くことになるか?

ということですが、コースやプレーヤーのレベル、プレー内容によっても違ってきますが、1ラウンド18ホールで、おおよそ10km程度になると言われています。

ちなみに、以前、1,800名以上のゴルファーを対象に行われた調査(※)では、1ラウンドの平均歩数は13,000歩から15,000程度でした。

※公益社団法人日本パブリックゴルフ協会が行った「ゴルフのプレー頻度がゴルファーの健康や生活に及ぼす影響」の調査

歩く距離(カートあり)

1ラウンドで歩く距離(カートあり)=およそ5~7km

カートなしだとおおよそ10km歩くことになる・・ということでしたが、では、カートを使う場合はどうでしょうか?

カートを使う場合ですが、これもコースやプレーヤーのレベル、プレー内容によっても違ってきますが、歩く距離は、全て歩く場合と比べて、50~70%程度の距離になると思います。

10kmの50~70%ですと、5~7km程度になります

消費カロリー(カートなし)

1ラウンドの消費カロリー(カートなし)=およそ700~800kcal

次に、1ラウンド18ホールをプレーした場合の消費カロリーについてご紹介したいと思います。

先ほどは、全て歩いた場合の距離は10km程度になるとお伝えしましたが、単純に10km歩くだけだと、消費カロリーは下記のような形になります。

ここにスイングなどをする分の消費カロリーが加わります。

スイングなどに消費するカロリーも、プレーヤーのレベルやプレー内容によっても変わってきますが、公益社団法人日本パブリックゴルフ協会が行った「ゴルフのプレー頻度がゴルファーの健康や生活に及ぼす影響」の調査によると、スイングなどの動作による消費カロリーは、1ラウンドで200~300kcalとのこと。

ですので、体重60kgの人だと、1ラウンド18ホールで消費するカロリーはおおよそ700~800kcal程度になると思います。

体重別の消費カロリー

消費カロリー(カートあり)

1ラウンドの消費カロリー(カートあり)=およそ500kcal

ではカートを使った場合はどうでしょうか?

先ほど、カートを使った場合、歩く距離は、全て歩く場合と比べて、50~70%程度、5~7km程度になるとお伝えしました。

単純に5km歩くだけだと、消費カロリーは下記のような形になります。

ここにスイングなどをする分の消費カロリー(200~300kcal)が加わります。

ですので、体重60kgの人だと、1ラウンド18ホールで消費するカロリーはおおよそ450~550kcal程度になるのではないかなと思います。

体重別の消費カロリー

さて、今回は、1ラウンド18ホールで消費するカロリーと歩く距離、歩数についてご紹介してきました。

数値は状況などによっても変わってきますので、あくまでも参考程度にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。