ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

【ハンドファースト】やりすぎるとどうなる?どんなミスショットが出やすくなるか?

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

前回、ハンドファーストの4つのメリットとは?飛距離アップ、スライス、シャンク、引っ掛け改善の効果もではハンドファーストのメリットについてご紹介しました。

今回は、構える際にハンドファーストの度合いが強くなりすぎるとどうなるか?ということについて解説したいと思います。

ハンドファーストについてはこういった記事も書いています。

【ハンドファースト】やりすぎるとどうなる?

ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言いますが、この度合いが強くなりすぎるとどうなるでしょうか?

ハンドファーストの度合いが強くなる場合ですが、2つのケースが考えられます。

1つは、両手の位置が前(ターゲット方向)に出過ぎているケース。

もう1つは、両手の位置は問題なく、ボールの位置が右過ぎるケースです。

①両手が前に出過ぎている場合

ハンドファーストに構える際、両手は左足太もも内側の前に来るように構えるのが基本です。(当サイトではその位置をおすすめしています)

この位置よりも左、ターゲット方向に両手が来ている場合は、ハンドファーストの度合いが強くなります。

こうなるとどうなるかと言うと、

などのショットが出やすくなります。

この詳しい理由は説明しようとすると長くなるので今回は割愛したいと思いますが、ハンドファーストの度合いが強くなればなるほど、グリップがフックグリップになりやすく、またフックグリップの度合いも強くなりやすくなります

そうなるとスイング中にクラブフェースが閉じやすくなり、フックボールやチーピンといったショットが出やすくなります。

また、ハンドファーストの度合いが強くなると、その分、クラブヘッドの軌道はインサイド・アウトになりやすく、プッシュアウトが出やすくなることもあります。

②ボールの位置が右過ぎる場合

両手の位置は間違っていないけど、ボールの位置が右過ぎる場合もハンドファーストの度合いが強くなります。

この場合は、

といったショットが出やすくなります。

ボールを右に置けば置くほど、クラブヘッドの軌道はインサイド・アウトになります。

そうすると、プッシュアウトが出やすくなり、それを避けようとすると今度はフックボールが出るようになったりします。

何事もやりすぎるとよくない

ということで、今回はハンドファーストの度合いが強くなりすぎるとどうなるか?ということについて見てきました。

ハンドファーストで構えることはいいことなのですが、やりすぎるのは良くないということですね。

じゃあ、適度なハンドファーストで構えるにはどうしたらいいか?

ということですが、ハンドファーストの度合いというのは、構えた時の両手の位置とボールの位置で決まります。

言い換えると、両手の位置とボールの位置が間違っていなければ、自然と適度なハンドファーストの形になります。

この両手の位置とボールの位置やハンドファーストの構え方についてはハンドファーストとは?構え方とインパクト、ドライバーについてもにて詳しくご紹介していますので、よかったら参考になさってください。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。