ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ハンドファーストに構えることができない4つの理由とは?【ハンドファーストで構える方法とコツ】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

ハンドファーストで構えた方がいいと知って、ハンドファーストになるように構えてみたけど、うまくできない。

気づくと、以前の形やハンドレイトの形になってしまっている。

そんなことはないでしょうか・・?

今回は、ハンドファーストで構えることができない4つの理由と、ハンドファーストで構える方法とそのコツについてお話ししていきたいと思います。

ちなみにハンドファーストに関しては下記のような記事も書いています。よかったら参考になさってください。

①両手の位置

ハンドファーストで構えることができない1つ目の理由が、「両手の位置」です。

ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言いますが、ハンドファーストで構えるためには(両手がクラブヘッドよりも前に来るように構えるためには)まず、両手の位置が大事になってきます。

両手の位置ですが、アドレスで構えた際、両手が左足太もも内側の前に来るようにしてください。(右利きの方の場合)

ハンドファーストで構えることができていない人は、この両手が下の写真のモデルのように、ズボンのジッパーの前に来てしまっていることが多いです。

この形だとハンドレイトの形になってしまいます。

ですので、そうならないように、両手は左足太もも内側の前に来るようにしてみてください。

②ボールの位置

ハンドファーストで構えることができない2つ目の理由が、「ボールの位置」です。

先ほど、ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)に来るように構えることとお伝えしました。

構えた時、両手がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)に来るようにするためには、まず、先ほどのように両手の位置を左足太もも内側の前に持ってくることが重要です。

そして、次に大事になってくるのが「ボールの位置」です。

というのも、クラブヘッドはボールの後ろに構えるわけですが、ボールを左に置き過ぎると、両手がクラブヘッドよりも前に来ない、つまり、ハンドファーストの形にならないわけですね。

ですので、ハンドファーストで構えるためには、ボールを左に置き過ぎないようにすることが大事です。

ボールの位置ですが、図解!ボールの位置。ドライバーからサンドウェッジまででご紹介した位置に置くようにします。

具体的には、

サンドウェッジから9番アイアン

スタンスの真ん中

ミドルアイアン

スタンス中央からボール1個程度左

ユーティリティ~フェアウェイウッド

ミドルアイアンとドライバーのボールの位置の間

ドライバー

左足かかと線上~左頬線上の範囲

 

ドライバーのボールの位置は、フェアウェイウッド、ユーティリティのボールの位置をご紹介する関係で上の位置をご紹介しましたが、詳しくは【ドライバーのボールの位置】ボールを「ここ」に置くとうまくいくをご覧ください。

ハンドファーストで構える場合は上記の位置よりもボールを1個以上~右に置いた方がハンドファーストになりやすいです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

③グリップを握る順番

ハンドファーストで構えることができない3つ目の理由が、「グリップを握る順番」です。

えっ?グリップを握るのに順番なんてあるの?

そう思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、グリップは握り方もそうですが、握る順番も実は重要なんですね。

例えば、ハンドファーストで構えるために、①のように両手が左足太もも内側の前に来るようにしているのに、気づくと、両手がズボンのジッパーの前に戻ってしまっている・・という場合ですが・・

この場合は、グリップを握る際、1)まず両手を左足太もも内側の前に持ってきてから、2)グリップを握る・・という順番で握ってみてください

グリップを握ってから、両手を左足太もも内側の前に持ってくる・・という順番だと、気づくと両手がその位置よりも右、ズボンのジッパーの前に戻ってしまいやすいんですね。

ですので、その場合は、

両手を左足太もも内側の前に持ってくる → グリップを握る

という順番で構えるようにしてみてください。

④グリップの握り方

ハンドファーストで構えることができない4つ目の理由が、「グリップの握り方」です。

もっと言うと、ウィークグリップで握っていると、ハンドファーストの形になりにくいです

グリップには、

ウィークグリップ
スクエアグリップ
フックグリップ

の3つの握り方、もしくは形がありますが、ウィークグリップは両手がズボンのジッパーの前に来やすいグリップです。

反対にフックグリップは、構えた時、両手が左(ターゲット方向)に来やすいグリップです。

フックグリップで握る場合、例えば、ウィークグリップに比べると、左手を右方向に回転させて、クラブを握る形になりますが、こんな形で左手を右方向に回転させて握ると、左手(結果的に右手も)が左(ターゲット方向)に自然と移動して、その結果、ハンドファーストの形になりやすいです。

この詳しい理由や仕組みについてはまた別の機会にお伝えできたらと思いますが、ただ、いずれにしても、ウィークグリップはハンドレイトになりやすく、フックグリップはハンドファーストになりやすいです

ですので、もし、ウィークグリップで握っていて、さらにスライスがよく出ている方の場合は、一度フックグリップで握ってみることをおすすめします。

フックグリップで握ってみると、ハンドファーストの形になりやすく、また、スライスも改善してゆくと思います。

フックグリップの握り方についてはフックグリップ(ストロンググリップ)の握り方にて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ということで、今回はハンドファーストに構えることができない4つの理由について見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。