ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ハンドファーストにデメリットはあるのか?【あるとすればこれがデメリットです】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

前回、ハンドファーストの4つのメリットとは?飛距離アップ、スライス、シャンク、引っ掛け改善の効果もでは、ハンドファーストのメリットについてご紹介しました。

今回は、その反対、ハンドファーストにデメリットはあるのか?ということについて解説したいと思います。


ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。

ハンドファーストで構える必要はあるか?

ハンドファーストのデメリットをご紹介する前に、まず、そもそもハンドファーストで構える必要はあるか?ということについてご説明したいと思います。

結論からお伝えすると、ドライバー(とパター)を除く全てのクラブは、ハンドファーストに構える必要があります

ドライバーの場合は、持ち球や打ち方によっては若干ハンドレイトで構えるプロもいます。

ハンドレイトとは?原因と直し方。ドライバーについても

ただ、それ以外のクラブは特殊なケースを除いて、ハンドファーストで構える必要があります。

でも何故、ハンドファーストで構えないといけないのか?

ということですが、それはハンドファーストで構えることでインパクトでクラブフェースが開きにくくなるためです

ハンドファーストの反対、ハンドレイトで構えてしまうと、インパクトでクラブフェースが開きやすくなり、それが結果的にスライス、引っ掛け、飛距離ロスなどの原因になります。


ハンドレイトとは、アドレスをした際に、両手がクラブヘッドよりも後ろ(ターゲットと反対方向)にあることを言います。

ハンドファーストで構える理由についてはハンドファーストとは?構え方とインパクト、ドライバーについてもにて、さらに詳しくご紹介していますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

ただ、いずれにしてもドライバーを除くと、ハンドファーストで構えるということが基本になります。(その場合のハンドファーストで構えるデメリットはありません)

ですので、ここではドライバーに限定して、ハンドファーストで構えるデメリットをご紹介したいと思います。

ハンドファーストのデメリットとは?

さて、ドライバーをハンドファーストで構えることのデメリットは主に3つあります。

①プッシュアウトが出やすくなる

1つ目が、「プッシュアウト」が出やすくなる点です。

ハンドファーストで構えると、ダウンスイングでクラブをインサイドから振りやすくなります。

それはいいことなのですが、ただ、インサイドから入りすぎてしまうと、プッシュアウトが出てしまったり、フェースが開いてしまうことでプッシュアウト・スライスや振り遅れなどが出てしまうケースもあります。

ただし、正しいハンドファーストの形になっている場合は、インサイド・インの軌道になりやすいので、そういったミスショットは基本的には出ないと思います。

もし、そういったミスが出る場合は、ハンドファーストになりすぎていないか、チェックしていただくといいかも知れません。

【ハンドファースト】やりすぎるとどうなる?ハンドファーストで構えることについて

②弾道が低くなる

2つ目のデメリットが、他の構え方に比べると「弾道が低くなる」ことです。

他の構え方ということですが、ドライバーの場合は、ハンドファースト以外にも、ヘッドと両手が同じ位置か、または、若干、ハンドレイトで構える方法があります。

ハンドファースト。ドライバーの場合は?インパクトと構え方

このハンドファースト以外の2つの構え方と比較すると、ハンドファーストで構えることでショットの弾道は若干低くなる傾向があります。

ただ、その分、ハンドファーストで構えることで強いショット、強い弾道(飛距離の出るショット)になりやすくなります。

③フックが出やすい

3つ目のデメリットが、フックボールが出やすくなるということです。

これも①と一緒で、正しいハンドファーストの形になっている場合は、問題にはならないと思います。

ただ、ハンドファーストの度合いが強くなっていたり、または、グリップの握り方(フックグリップなど)によっては、ハンドファーストで構えることでインパクトでフェースが閉じやすくなり、結果的にフックが出やすくなることがあります。

ということで、今回はハンドファーストで構えることのデメリットについて見てきました。

ただ、ここまでお伝えした通り、正しいハンドファーストの形になっていれば、基本的にはこういったデメリットは問題にはならないと思います。

ただ、そういうショットが出やすい傾向があることはあります。

ただ勿論、ハンドファーストで構えることのメリット(飛距離アップ、スライス、シャンク、引っ掛け改善の効果など)もあります。

それらについてはハンドファーストの4つのメリットとは?飛距離アップ、スライス、シャンク、引っ掛け改善の効果もにて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。