ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

「腰を回さない」は正しいゴルフ理論か?【バックスイングで腰を回さないことで起こること】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、「腰を回さない」ということについて、具体的には

ということについて、お話ししていきたいと思います。

目次

「腰を回さない」は正しい考え方か?

「腰を回さない方がいい」
「腰の回転を抑えた方がいい」

ゴルフでは昔からそんな考え方、理論があります。

腰の回転を抑制することで、肩と腰の捻転差ができて、それが飛距離アップにつながる。そんな考え方ですね。

ただ、これは以前に腰の回転と捻転差(ねんてんさ)の誤解という記事の中でもお伝えしましたが、僕の結論としては、腰の回転を制限する必要はないと思っています。

何故かと言うと、人の体というのは、肩を回転させれば腰も回転するようにできているからです。

言い換えると、腰の回転を抑えると、肩の回転も抑えてしまうことになります。

すると、スイングが小さくなって、スイングスピード、ヘッドスピードが落ちて、飛距離を失ってしまいます。

ちょっとした実験をしてみる

ここでちょっとした実験をしてみたいと思います。よかったら一緒にやってみてください。

まず、まっすぐに立ってみます。

次に腰を回転させないで、もしくは腰の回転を抑えながら肩を右へと回転させてみてください。

恐らく殆ど回転できなかったと思います。

次に腰を自由に回転させながら、肩も回転させてみてください。

さっきよりも大きく回転できたと思います。

こんな風にして、腰を回転させると肩もより深く回転させることができますし、反対に腰の回転を抑えようとすると、肩の回転も同時に抑えてしまうことになります。

ですので、バックスイングでは腰を回さないように意識していただく必要はないです

むしろ、腰は右に回転させてください。

そうすることで、肩もより深く回転させることができるようになります。

先ほど、捻転差ということについてお話ししましたが、人の体というのは、肩の方が腰よりもより大きく回転するように出来ています。

例えば、椅子に座ったまま、右にくるっと回転してみると、自然と腰よりも肩の方が大きく回転すると思うんですね。

つまり、捻転差は意識して作るものではなく、自然とできるものだと思います。

ですので、ゴルフスイングでも捻転差は意識していただく必要はないと思います。

それは自然とできるものですので。

ただし、一つ条件がある

さて、バックスイングでは腰は回してもいい、腰の回転を抑えなくていいということでした。

ただし、一つ条件があります。

それは何かと言うと、右ひざを大きく伸ばさないこと、です。

アドレスの段階で、両膝は適度に曲げます。

バックスイングではその膝が適度に曲がった状態をある程度保ちながら、体を回転させていきます。

この時、膝を全く伸ばさないようにしていただく必要はありません。

また、膝を全く動かさないようにする必要もないです。

右ひざは少し伸びてもいいですし、少し右に移動するのが自然な形なんですね。

ただ、動いてもいいと言っても、大きく動くのはだめで、例えば、右ひざが伸び切ってしまうと、体重移動がうまくできなくなったり、スイングの軌道が狂ってしまうなど、色々な問題が出てきます。

また、右ひざが伸び切ってしまうと、必要以上に腰が回転してしまうんですね

ですので、右ひざは動いてもいいですが、大きく動かさないようにしてください。

それができている限り、腰はむしろ積極的に右に回していただいて結構です。

ゴルフスイングと右ひざ。右ひざが伸びる原因?動かさないで固定すべきか?

プロは何故腰をあまり回さないのか?

ところで、プロのスイングを見るとバックスイングでは腰をあまり回転させていないように見えるかも知れません。

これは何故かと言うと、プロの場合、バックスイングをある程度抑えている場合があるんですね。

プロのスイングスピードはトーナメントで見るような程度ではなくて、試合では抑えて打っていることも多いです。

何故そんなことをするかというと、プロは十分な力とヘッドスピードがあるので、バックスイングを大きくし過ぎてしまうと、むしろボールが飛びすぎてショットが不安定になるからです。

それを防ぐためにある程度バックスイングを抑えているんですね。

そのために、例えば、トップを浅めにしているプロもいれば、または、右足のつま先を外側に開かないようにしているプロもいます。

そうすることでバックスイングが大きくなり過ぎないようにしているんですね。

ただ、これをアマチュアがやってしまうと全く飛ばなくなります。

アマチュアはプロに比べると飛距離が不足していますので、プロとは反対にバックスイングを大きくしたり、もっと力が入るように構える方が良い結果になることが多いです。

ということで、今回は腰の回転について色々と見てきました。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。