ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーでフェードを打つ、タイガー・ウッズの方法

タイガー・ウッズはもともとはドローヒッターでしたが、プロ入りしてからはフェードボールを多用することが多くなりました。

プロにとっては飛距離よりも正確性が大切で、タイガーも同じようなことを言っています。タイガーが調子の良い時は、8割位の力で振っているそうです。

彼はドライバーでもフェードをよく打ちますが、特にコントロールが求められるような狭いホールで彼が使っているフェードショットがあります。

今回はその打ち方を少しご紹介します。

構え方と曲げ幅について

まず、構え方ですが、コントロール重視のこのショットでは少しグリップを短く持ちます。

タイガーの場合は1センチから3センチ程度短く握ります。飛距離が欲しい時は1センチ、飛距離がそれほど必要ない時は3センチ程度短く。

スタンスは若干オープンに構えます。(フェードの打ち方も参照ください。)


ボールの位置は左の脇の下の線上にセットします。

フェアウェイの狙い方ですが、彼の場合、まずフェアウェイを縦に4等分します。そして、一番左のエリアにボールを打ちだして、その右隣のエリアにボールを曲げるようにして打ちます

曲げ幅は5ヤード程度。250ヤード以上先の5ヤードですから、殆どストレートボールに見えるようなショットになるのかも知れません。

ただ、アマチュアの場合は曲げ幅はもう少しあってもいいとは思います。(確実にフェードを打つために)

スタンスを少しオープンに構えますが、スイングはそのスタンスのラインに沿ってクラブを振るイメージ。インパクトではタイガーの場合、クラブのリリースを一瞬遅らせます。

ポイントはグリップを少しだけ短く握るという点だと思います。

そうすることでフェースが若干ですが、返り難くなります。

また、スイングのスピードを落とすことなく、コントロールショットが打ちやすくなるのもポイントですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。