ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

左のOB(チーピンやフック)が怖い時に注意する4つのこと

左サイドにOBがあったりすると、チーピンやフックなどが怖くなることがあります。

それを嫌がると、プッシュアウトやプッシュアウト・スライスが出たり・・。

そんな時、左サイドを避けたいと思った時に注意したい4つのことがあります。

1.左肩

左サイドに打ちたくない・・・と思った時、無意識のうちに左肩が前に出てきてしまうことがあります。

右肩を後ろに引くような形で左肩が前に出ると・・・両肩を結んだラインが右を向きすぎてしまうことになります。

これは典型的なプッシュアウトの原因になりますし・・・それを嫌がると、チーピンが出やすくなります。

左が嫌な時こそ・・・フィニッシュまで振り抜くことが大事ですが、この構え方(左肩が前に出たまま)思い切り振り抜くとミスにつながりますので・・・振り抜こうとする前に構え方を確認するということも重要なことかと思います。

2.スイング

先程も書かせていただきましたが、フィニッシュまで振り抜くことで体の回転が止まらず、チーピンなどを予防することができます。

チーピンの原因でも書かせていただきましたが、体の回転をとめてしまうと・・・フェースがインパクトで急激に返ってしまうことがあります。

そんな時はむしろ、おへそをフォロースルーでターゲットに向けることを意識するようにして振り抜いてみると、チーピンなどが改善されることがあります。

3.ボールの位置

話は前後しますが・・・ボールの位置も心理的な要因によって変わってしまうことがあります。

フッカーの方は左が怖いので・・・どうしてもボールの位置が右へ右へと・・・無意識の間に移動してしまうことがあります。

特に左サイドがOBになると、ボールは右に置きたくなるものですが・・・フッカーの方があまり右に置きすぎてしまうと、むしろ、フェースがインパクトで閉じやすく、ボールは左へ飛びやすくなります。

4.どこを見るか

人は避けたいものをどうしても見てしまう・・・という心理があるのかも知れません。

だから、池に入れたくない・・・と思うと池に視線がいってしまいます。左サイドのOBに打ちたくないと思うと、左に目がいってしまいます。

ところが、そうやってここに打ちたくないと思った時ほど、その場所に打ち込んでしまったりします・・。

つまり、視線を持っていったところに打ちやすい・・・ということになると思うんです。

だとしたら、この場合(左サイドに打ちたくない場合)は、打ちたくない場所に意識を持って行くより・・・打ちたい場所、例えば、フェアウェイ右サイドのこのポイント・・・という風に打ちたいポイントに意識を持っていった方がいいのかも知れません。

打ちたくないところに意識を持ってゆくより、打ちたいところに意識を持ってゆくのは、ある意味本能に逆らうようなものですが・・・その方がうまくいく確率は圧倒的に上がるように僕は思ってます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。