ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバー・アイアンのスライスと5つの応急処置【これでスライスは止まります】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、ドライバー、もしくはアイアンのスライスに対する5つの応急処置をご紹介したいと思います。

例えば、明日コースに出るけど練習にいったらスライスばかりで困った時やまたはコースで突然スライスが止まらなくなった時などに活用していただければ幸いです。

尚、今回ご紹介するのはあくまでも応急処置になります。

根本的にスライスを直したい人やスライスをドローボールに変えたい人はスライスの直し方・ドローボールの打ち方編にてスライスの根本的な直し方やドローボールの打ち方を詳しくご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ドライバー、アイアンのスライスと5つの応急処置

さて、ドライバー(もしくはアイアン)でスライスが出ている場合の応急処置ですが、今回は5つご紹介したいと思います。

どれを実践していただいてもいいですし、いくつか組み合わせていただいても構いません。(全部やる必要はないです)

①フェースを閉じて構える

1つ目が、「フェースを閉じて構える」ことです。

ドライバー、もしくはアイアンの場合もそうですが、アドレスではフェースを目標に向けて構えます。

ただ、この形でスライスが出る場合は、フェースを最初から左に向けて構えるようにします。

この上の図のようにフェースを最初から目標よりも左に向けて構えるわけですね。

どの程度フェースを左に向けたらいいか?

ということですが、左に向ければ向けるほどフェースは開きにくく、スライスが出にくくなります。ですので、練習場でフェースの向きを変えながら、どんなショットが出るか試行錯誤していただくといいと思います。

ただ、迷った場合は、目標よりも20~30ヤード程度左にもう1つ目標を作って、フェースがそのもう1つの目標に向くようにセットしていただくといいのかなと思います。

ここで1つ重要なポイントですが、グリップを握ってからフェースを左に向けてもスイング中にフェースが開いて、結果的にスライスが出やすくなります

ですので、フェースを左に向けたら、グリップを握り直してください。フェースを開いてから握り直すバンカーショットの際のグリップの握り方の逆のパターンですね。

フェースを閉じる → グリップを握り直す

・・という順番が重要です。

そのように握るとインパクトでフェースが閉じやすく、スライスが出にくくなります。

②右手の平を地面に向ける
③左手の甲を地面に向ける

2つ目が、「右手の平を地面に向ける」。3つ目が、「左手の甲を地面に向ける」ということです。

これはどういうことかと言うと、ダウンスイングに入って右手が右の腰の脇の辺りに来た際に右手の平が地面の方向を向くような意識でスイングをしてみます。

右手の平はクラブフェースの向きにも直結していますので、このポイントで右手の平が地面の方向を向くとフェースもしっかりと閉じます。

この時、右手の平ではなく、左手の甲が地面を向く意識で振っていただいても結構です。(同じような効果があります)

クラブフェースそのものを意識してコントロールするのは難しいものですが、右手の平や左手の甲であれば、自分の体の一部ですから、コントロールしやすいと思います。

右手の平を意識するようになってから、スライスがドローボールに変わった人もいますので、是非実践してみてください。

④右足を後ろに引く

4つ目が、「右足を後ろに引く」ということです。

ドライバーやアイアンを構える際は、ボールとターゲットを結んだ飛球線に対して、両足を結んだラインが平行になるスクウェアスタンスが基本となります。

ただ、スライスが止まらない時はこのスクエアスタンスの状態から右足を5センチから10センチほど後ろに引いてみてください。

あとはボールとの距離を調節します。

このように構えるとクローズスタンスになり、クラブをインサイドから振り下ろしやすくなります。するとフェースも返していきやすくなりますので、スライスの予防にもなります。

クローズ(ド)スタンスの構え方、利点と欠点について

ただし、インサイドから振ろうとするとプッシュアウト・スライスが出てしまうケースもあります。

その場合は②③でご紹介した方法も同時に実践していただくといいと思います。

⑤右手をストロンググリップで握る

5つ目が、「右手をストロンググリップで握る」ことです。

ストロンググリップの握り方

右手をいつもよりもストロンググリップ(フックグリップ)で握るのですが、具体的には右手の人差し指と親指の間でできるV字(↓)

※写真はわかりやすく写すために手を上げて撮影していますが、実際は構えて、さぁ、ボールを打つぞ・・という時に、右手を見て、上の写真のV字を確認してみてください

このV字が右肩の辺り、もしくはそれよりも右を指すように右手のグリップを握ってみてください。

プロの中にもここ一番で飛ばしたい時に右手を若干ストロング気味に握ると言う人もいますが、スライスを予防したい時にも非常に有効な方法だと思います。

もっとも、左手もストロンググリップにしてしまってもいいのですが、グリップ全体を変えるよりもどちらか片方の手だけを変えた方が違和感が少なく、応急処置としてはそちらの方がいいのかなと思います。

ということで、今回はドライバーやアイアンのスライスに対する5つの応急処置について見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。