ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

スタンスの3つのタイプ 「スクエア、オープン、クローズ」

今回は、スタンスの種類について解説していきたいと思います。

具体的には、

①スクエアスタンス
②オープンスタンス
③クローズスタンス

の3つのスタンスの種類について、それぞれの構え方の特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。

尚、スタンスの幅については下記のような記事を書いていますので、興味のある方はよかったらご覧ください。

目次

スタンスの3つの種類

スタンスとは「アドレスをする際の両足の位置」のことを言いますが、冒頭でもご紹介したように、スタンスには次の3つの種類があります。

①スクエアスタンス
②オープンスタンス
③クローズスタンス

それぞれの構え方の特徴、メリット・デメリットについて、見てゆきたいと思います。

①スクエアスタンス

スクエアスタンスとは、ボールとターゲットを結んだターゲットライン、もしくは飛球線に対して、両足を結んだラインが平行になるように両足を構えることを言います。

ドライバーからパターまで、全てのショット(パット)の基本となるのが、このスクエアスタンスです。

雑誌ですとか、本に書かれているスイングのアドバイスというのは、基本的にはこのスクエアスタンスで構えられていることを前提にしています。

少し言い換えると、スクエアスタンスで構えてみてはじめて、自分がどんなショットを打っているかを知ることができるようになります。

例えば、右を向いているのに、真っ直ぐのショットが出たら、それはストレートボールではなくて、引っ掛けになります。

反対に、左を向いているのに真っ直ぐのボールが出たらそれはストレートボールではなくて、プッシュアウトになります。

ですから、基本を身に付けるという意味だけではなく、自分がどんなショットを打っているかを知るためにも、まずはスクエアスタンスを身に付けることが重要になってきます。

特に初心者の人の場合は、まずはスクエアスタンスで構えてみることをおすすめします。

ただ、その後でオープンスタンスやクローズスタンスを試してみるのはいいかも知れません。

一方で、既にスクエアスタンスで構えているけれど、思うようなショットが打てていない中級者以上の方の場合は、オープンスタンスやクローズスタンスを試してみる価値はあるかも知れません。

スクエアスタンスのメリット

・インサイド・インの軌道でスイングしやすい
・自分がどんなショットを打っているのかを正確に把握できる

スクエアスタンスのデメリット

・特になし(ただし、人によってはオープンスタンスやクローズスタンスの方が合っていると感じる人もいる)

②オープンスタンス

先ほどのスクエアスタンスはターゲットライン(飛球線)に対して平行に立つことを言いましたが、オープンスタンスの場合は、両足を結んだラインがそれよりも左を向いていることを言います。

ゴルフスイングの軌道というのは、両足の位置にも影響を受けます。

具体的には両足のラインに沿ってクラブが下りてきやすくなります。

オープンスタンスの場合、両足のラインが左を向いていますから、クラブヘッドが外側から下りてきて、内側に抜けるアウトサイド・インの軌道になりやすくなります。

また、ショットによっては、例えば、100ヤード以内の短い距離からのショットでは、振り遅れを防ぐ目的で、スタンスを最初からオープンにしておくことがあります。

こういった短いショットの打ち方については、ショートアイアンの打ち方ショートゲーム編で詳しくご紹介したいと思います。

オープンスタンスのメリット

・フェードボールが打ちやすくなる※
・過度なインサイド・アウトの軌道を修正してくれる

※中にはオープンスタンスでドローボールを打つプロもいますが、その打ち方はどちらかというと少数派です

オープンスタンスのデメリット

・人によっては、スライスや引っ掛けが出やすくなる

③クローズスタンス

クローズスタンスはスクエアスタンスに比べて、両足を結んだラインが右を向いていることを言います。

クローズスタンスの場合、両足のラインが右を向いていますから、クラブヘッドが内側から下りてきて、外側に抜けてゆくインサイド・アウトの軌道で振りやすくなります。

インサイドアウトでドローボールを打つ方法。インサイドインとの比較も

クローズスタンスのメリット

・ドローボールが打ちやすくなる
・インサイド・インやインサイド・アウトの軌道で振りやすくなる
・アウトサイド・インの軌道を修正してくれる

クローズスタンスのデメリット

・人によっては、フックやプッシュアウトが出やすくなる

クローズスタンスについては下記の記事も書いています。

クローズ(ド)スタンスの構え方、利点と欠点について

オープン、クローズスタンスにする際にやってはいけないこと

さて、ここまで

①スクエアスタンス
②オープンスタンス
③クローズスタンス

の特徴やメリット、デメリットについて見てきました。

最後に、②オープンスタンス、③クローズスタンスで構える際にやってはいけないことについてご紹介して終わりにしたいと思います。

オープンスタンス、クローズスタンスで構える際ですが、両足の向きを変えるだけにして、両肩の向きまで変えないようにすることがポイントになります。

例えば、クローズスタンスで構える際は、右足だけを後ろに引くということがポイントになります。

スタンスが右を向くからといって、両肩を結んだラインや腰のラインも一緒に右を向かないように注意します。

でも何故、両肩のラインまで右に向けてはだめなのか?

ということですが、両肩のラインまで右に向けてしまうと、体全体が右を向くことになります

これだと、クローズスタンスではなく、単純に右を向いて構えていることになります。

この形で(右を向いて)構えて、目標に向かって真っすぐに飛ぶショットを打ったとしたら、それはストレートショットではなく、引っ掛けになります。

つまり、ミスショットを打ったことになります。

ですので、クローズスタンスにする際は体全体を右に向けないようにする、オープンスタンスは体全体を左に向けないようにする、ということが大事なポイントになります。

あくまでも両肩の向きは飛球線と平行にしたまま、両足の向きだけを変えるようにしてください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。