ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

超ストロンググリップ(超フックグリップ)で握ってもいい?超ストロンググリップのメリット、デメリットについて

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

フックグリップ(ストロンググリップ)の握り方。特徴やメリットもではフックグリップ(ストロンググリップ)の握り方について詳しくご紹介しました。

今回は、もっとストロンググリップで握る方法、超ストロンググリップ(超フックグリップ)で握ることのメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

目次

超ストロンググリップとは?

まず最初に超ストロンググリップとはどんなグリップか?

ということですが、超ストロンググリップに一つの明確な定義はありませんが、ここでは構えた際に左手のこぶしの山が4個見えるグリップを超ストロンググリップと呼びたいと思います。

左手のこぶしの山の数とスクエア、ウィーク、フックグリップ

構えて「さぁ打つぞ」という時に左手を見て、左手のこぶしの山が4個見える状態ですね。


写真はこぶしの山をわかりやすく写すために手を上げて撮影していますが、実際は構えて、さぁ、ボールを打つぞ・・という時に、左手を見て、こぶしの山を確認してみてください。

右手は、右手の人差し指と親指でできるV字が右肩よりも右を指す形になります。

この上の写真の「V字」が右肩よりも右を指す形になります。

超ストロンググリップのメリット

超ストロンググリップのメリットは、

①スイング中にフェースが開きにくい
②インパクトでフェースを閉じやすい
③スライスが改善する
④つかまったボール、ドローボールが打ちやすい

といった点になります。

超ストロンググリップは何と言っても、フェースが開きにくく、また閉じやすいのが特徴です。

ですので、何をやってもスライスが出てしまう方は、超ストロンググリップを試してみる価値はあるかも知れません。

そして、超ストロンググリップでスライスが出なくなって、フックボールが多くなってきたと思ったら、その時点で超ストロンググリップから、一般的なストロンググリップ(フックグリップ)に変えるのも良い方法だと思います。

フックグリップ(ストロンググリップ)の握り方

これは他の記事の中でもお伝えしていますが、僕は最初は極端にやった方がいいと思っています。

例えば、スライスを直したいと思った場合は、ストレートボールを打とうとするより、フックボールを打った方がいいんですね

フックボールの打ち方がわかってはじめて、本当の意味でストレートボールが打てるようになります。

ですので、スイング中にフェースが開いてしまう方やスライスが止まらない方の場合も、まずはフックグリップ、もしくは今回ご紹介している超ストロンググリップで握って、まずはフックボールを打ってみるのがいいと思います。

フックボールを打てるという自信がつけば、スライスが怖くなくなるから、安心してストレートボールを打ってゆけるようになるからです。

ただ、そんな風にして、グリップの握り方を変えてゆく(超フックグリップ→フックグリップ)のは不安だという方もいらっしゃるかも知れません。

ただ実際にはそうやってグリップの握り方を変えてゆく・・というやり方をしているプロもいるんですね。

あのタイガー・ウッズも子供の頃はフックグリップで握っていました

そして、力がついてきた頃にスクウェアグリップに変えているのですが、タイガー以外にも最初はフックグリップから入っていったプロは結構います。

ですので、アマチュアの場合も最初はフックグリップとか、超フックグリップで握ってみて、そのグリップでボールがつかまりすぎるようになった時点で(フックボールが頻繁に出るようになった時点で)、スクウェアグリップにしたり、フックグリップにしてみる・・というのはすごくいい方法だと思います。

超ストロンググリップのデメリット

一方、超ストロンググリップのデメリットは、

①フェースが閉じやすい
②フックやチーピンが出やすい
③プッシュアウトが出やすい

といった点になります。

超ストロンググリップで握ると、フェースが閉じやすくフックボールが出やすくなります。(これはスライスを直したい人にとってはメリットになるわけですが)

また、場合によってはフェースが極端に閉じてしまうので、チーピン(=急激に左に曲がってゆくミスショット)が出やすいというのもデメリットになります。

また、フックグリップで握ると自然とハンドファーストの度合いが強くなります。

ハンドファーストとは?構え方とインパクト、ドライバーについても

これは悪いことではないのですが、ただ、超フックグリップにするとハンドファーストの度合いが場合によっては強くなりすぎて、結果的にスイングの軌道が過度のインサイド・アウトになることがあります。

その結果、プッシュアウトが出やすくなるというのも超ストロンググリップのデメリットと言えばデメリットかなと思います。

ただ、こういったデメリットは勿論あるのですが、スライスが出ている人、何をやってもスライスが止まらない人にとっては、デメリットよりもメリットの方が大きいと思います。

そういう意味で、スライスを直したいという人は超ストロンググリップを試してみる価値はあると思います。

ということで、今回は超ストロンググリップ(フックグリップ)で握ることのメリット、デメリットについて色々と見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。