ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

足場の悪いバンカーショットの打ち方

今回は片足をバンカーの外に出さなければいけないような、足場の悪いバンカーショットの打ち方についてご紹介します。

バンカーショットの基本についてはバンカーショットの打ち方を参考にしていただければ、幸いです。

通常のスタンスがとれないバンカーショットの打ち方

状況にもよりますが、基本的にはスタンスが安定しないバンカーショットではいつもよりもグリップは短めに握ります。

そしてグリップの握り方ですが、足場が悪い場合は十分なスイングスピードが出せない場合もありますので、砂に負けてしなわないように強めに握ります

そうすることでクラブフェースがインパクトで閉じてしまったり、砂に跳ね返されることを防ぎます。

スタンスがいつものように取れない状況では何よりもバランスが大切になってきます。大きなスイングも出来ませんから、いつもよりももっと早めに手首をコックする必要があります

スイングが小さくなっても、ダウンスイングでは必ずクラブヘッドを加速させることが大切です。

しかし、フォロースルーはあまり意識しない方がよいかも知れません。

打った後のことがスイング中に頭によぎるくらいなら、フォロースルーはしないと最初から決めておくのもよいと思います。

勿論、ボールの状態(ライ)によってそれも変わりますが。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。