ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

7番アイアンのボールの位置はどこがいい?プロはどこに置いている?

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

前回、7番アイアンの飛距離の目安とは?7番アイアンが飛ばない原因と解決策もでは7番アイアンの飛距離の目安と7番アイアンが飛ばない原因についてご紹介しました。

今回は、7番アイアンのボールの位置について、具体的には

についてそれぞれ見ていきたいと思います。

目次

7番アイアンのボールの位置とその基準

まず最初に7番アイアンはボールをどこに置いたらいいか?

ということについて見ていきたいと思います。

これは7番アイアン以外のクラブに関してもそうですが、ボールの位置に関してはこれが正解という一つの答えのようなものがなく、プロや専門家によってもその考え方が少しづつ違っています。

ただ、そういった考え方をまとめてゆくと、もっとも多いのが、7番アイアンはスタンスの中央から少し左、ボール半分から1個分程度左に置くという考え方になります。

当サイトでも、この位置をおすすめしています。

7番アイアンの場合、このスタンスの中央からボール半分から1個分程度左、という位置が恐らく世界的に見ると最も多い考え方になるかなと、思います。

打ち方、打つショットによって位置を変える

また、この7番アイアンのボールの位置ですが、打ち方や持ち球によっても微妙に変えていただいてもいいと思います。

7番アイアンの場合、ボールを横から払い打つ方法とヘッドを若干上から入れてゆく、ダウンブローで打つという方法がありますが、

ボールを横から払い打つ場合

先ほどご紹介した範囲でボールを左に置く

ダウンブローで打つ場合

先ほどご紹介した範囲でボールを右に置く

・・という形にしていただくと、それぞれ、ショットが打ちやすくなると思います。

アイアンはダウンブローで打つ?それとも横から払い打つ?

また、持ち球によっても、例えば、

ドローボールが持ち球の場合

先ほどご紹介した範囲でボールを右に、もしくは、それよりも若干右に置く

フェードボールが持ち球の場合

先ほどご紹介した範囲でボールを左に、もしくは、それよりも若干左に置く

・・という形にしていただくと、それぞれ、ドローボール、フェードボールが打ちやすくなると思います。

女子プロはどこに置いているか?

次に女子プロはどこに置いているか?ということについて見ていきたいと思います。

以前、ゴルフダイジェストが女子プロを対象に行った構え方に関する調査があるのですが、殆どの女子プロは7番アイアンを構える際、ボールをスタンスの真ん中からほんの少し(ボール半分~ボール1個程度)左に置いていました

ちなみに、ボールの位置を含めて、7番アイアンを構える際に注意していることは?と言う質問には、こんな風に回答しています。

「打つショットによってボール位置を変える。例えば低いドローが打ちたかったら、右に置く」

「スタンスが右を向きやすいので、いつも電車のレールを意識している」

「ハンドダウンになりやすいので、注意している」

「ボールを左に置きやすいので、注意している。首が縮こまるとボールとの距離近くなるので、肩を下げている」

「靴の真ん中に体重をかける。左内ももにグリップが来るように意識する」

「フェースのトウ寄りにボールを置く。ヒールに合わせると右に行くイメージになってしまう」

参考:ゴルフダイジェスト 「女子プロの7Iアドレス調査」

女子プロの7番アイアンの飛距離、ヘッドスピードはどの位?【実際のデータはこれ】

男子プロはどこに置いているか?

次に男子プロはどこに置いているか?ということについてですが、今回は、日本人として初めてマスターズを制覇した松山英樹プロと、タイガー・ウッズの7番アイアンのボールの位置についてご紹介したいと思います。

まず、松山英樹プロですが、同じくゴルフダイジェストが行った調査では、松山英樹プロの場合、7番アイアンはスタンス中央よりボール1個ちょっと左に置いていました。

次にタイガー・ウッズですが、自身の著書やアマチュアを対象に行ったゴルフクリニックでタイガーが語った言葉から判断すると、タイガーの場合は7番を含めたミドルアイアンは、スタンス中央よりも少し(ボール1個分程度)左に置いているようです。

ということで、今回は7番アイアンのボールの位置について色々と見てきました。

7番アイアン以外のボールの位置については、ボールの位置:ドライバーからサンドウェッジまでにてご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。