ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーを200/210/220/230/240/250/260/270/280/290/300ヤード飛ばすのに必要なこと【一覧表】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

前回、ドライバーで280/240/200ヤード飛ばすのに必要なヘッドスピード【一覧表】ではドライバーを200/240/280ヤード飛ばすために必要なヘッドスピードの目安についてご紹介しました。

今回は、ドライバーを200~300ヤード飛ばすための、

の目安をご紹介していきたいと思います。

【ドライバーで250ヤード飛ばすには?】目安となるヘッドスピード、ボール初速、打ち出し角、スピン量

ドライバーを○○○ヤード飛ばすには?

さて、早速ですが、ドライバーを200~300ヤード飛ばすためのヘッドスピード、入射角、打ち出し角、スピン量の目安を見ていきたいと思います。

ちなみに、ご紹介している飛距離はキャリーです。ランは含みません。

キャリー・・・打ったボールが地面に到達するまでの距離
ラン・・・ボールが地面に落ちてから止まるまでの距離

以下は、ゴルフ用弾道測定器の開発を手掛けるトラックマン社が発表しているデータです。表は当サイトにて作成しています。

※このデータをブログ等で紹介していただく場合は、このページへのリンクをお願い致します

表の見方ですが、一番左がヘッドスピードになります。

その右が入射角です。入射角とはインパクトでヘッドがボールに対して、どの程度の角度で入ってきたかを示す数値、角度のことを言います。

入射角0度は、ヘッドがボールに対して真横から入ってきていることを示しています。入射角5度は、ヘッドがボールの下から入ってきていることを示しています。(アッパーブローということ)

飛距離は先ほどお伝えしたようにキャリーになります。ランは含んでいません。

参考:トラックマン社

※このデータをブログ等で紹介していただく場合は、このページへのリンクをお願い致します

アッパーブローで打った方が飛ぶ。だけど・・?

このデータを見る限り、レベルブローで打つよりもアッパーブローで打った方が飛距離は出るということがわかります。

これは【ドライバーの打ち方】アッパーブローの角度はどの位がいいのか?プロはどうしているか?でもご紹介しましたが、女子プロもドライバーは+3度程度のアッパーブローで打っているというデータもあります。

今回ご紹介したデータは、レベルブローで打った場合と5度のアッパーブローで打った場合の結果になりますが、もしアッパーブローで打つ場合は3度~5度程度のアッパーブローがいいと思います

アッパーブローの方が飛ぶといっても、必要以上に(過度の)アッパーブローで打とうとすると、振り遅れやスライスなど、ミスが出やすくなりますので注意してみてください。

また、人によってはアッパーブローよりもレベルブロー(払い打つ打ち方)の方が合っている方もいらっしゃいます。

それについてはドライバーの打ち方。アッパーブローで打つべきか?払い打つべきか?にて詳しく解説していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ということで、今回はドライバーを200~300ヤード飛ばすために必要なヘッドスピード等の目安について見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。