ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーとアイアンでグリップの握り方を変えるのはアリ?ドライバーとアイアンで違うショットが出る原因についても

今回は、ドライバーとアイアンでグリップの握り方を変えることがあってもいいか?ということについて解説していきたいと思います。

ちなみに、今回のテーマに関連して下記のような記事も書いています。

目次

ドライバーとアイアンでグリップの握り方を変えてもいいか?

さて、ドライバーとアイアンでグリップの握り方を変えてもいいか?

・・ということですが、結論からお伝えすると、ドライバーとアイアンでグリップの握り方を変えても構いません。

そのようにしているプロも中にはいますし、特にアイアンは思うようなショットが打てるのにドライバーが思うように打てない場合は、ドライバーの握り方だけ少し変えてみるのも良い方法だと思います。

ただ、一般的には、グリップの握り方はパターを除いた全ての番手で統一するのが基本的な考え方にはなります。

例えば、アイアンをスクウェアグリップで握るのであれば、ドライバーもスクウェアグリップで握るのが一般的なやり方になります。

当サイトでも、基本的にはどの番手でも同じ握り方にすることをおすすめしています。

その方がショットが安定しやすいためです。

ただ、それはあくまでも基本的な考え方であって、例えば、ドライバーだけグリップを変えることのメリットもああります。

例えば、アイアンは思うようなショットが打てるけど、ドライバーだけスライスが出る、または、フックが出るような場合は、ドライバーを打つ時だけグリップの握り方を変えるのも良い方法だと思います。

具体的にどのように変えたらいいか?

では具体的にどのようにグリップの握り方を変えたらいいか?

ということですが、

①右手の握り方だけ変える
②左手の握り方だけ変える
③両手の握り方を変える

という3つの方法があります。

プロの中には、例えば、ドライバーをここ一番で飛ばしたい時だけ、右手を少しストロング気味(フックグリップ気味)に握る人もいますが、右手だけを微調整する・・というのも良い方法だと思います。

同じようにドライバーでドロー系のボールを打ちい時は、左手だけ少しフックグリップにするとか、フェード系のショットが打ちたい時は左手だけ少しウィークグリップにするでもいいと思います。

また、場合によっては両手の握り方を変えてしまうやり方もあります。

例えば、アイアンはスクウェアグリップだけど、ドライバーだけフック気味に握る、というやり方もいいかも知れません。

ただ、両手を同時に変えてしまうと、ショットもガラっと変わってしまうことも多いので、最初は片方の手だけ、例えば、右手だけを少しストロング気味に握る・・といった形から試してみるといいのかなと思います。

ドライバーとアイアンで違うショットが出る場合

少し話が変わりますが、アイアンは打てるのにドライバーはスライスが出るとか、フックが出る・・といった場合は、グリップやスイングではなく、ドライバーそのものに問題がある・・というケースもあります。

市販されているドライバーやアイアンの中には、例えば、ドローボールが打ちやすいモデルもあれば、フェードボールが打ちやすいモデルもあります。

ですので、例えば、今使っているアイアンがドローボールが打ちやすいモデルなのに、ドライバーはフェードボールが打ちやすいクラブだった場合、アイアンは調子がいいのに、ドライバーは今一・・・またはその反対のことが起こったりもします。

この場合は、アイアンとドライバーを同じ系統のモデルに揃える、ということが大事になってきます。

この話の続きについてはアイアンは打てるのにドライバーはスライス、またはフックが出るにて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらをご覧ください。

ただ、いずれにしても、ドライバーとアイアンの系統が違うような場合は、グリップを変える前にクラブそのものを見直していただくといいかと思います。

クラブの選び方についてはゴルフクラブの選び方のコーナーにて沢山の記事をアップしていますので、よかったらそちらも参考にしてみてください。

スタンスを変える方法もある

余談ですが、グリップの握り方をドライバーとアイアンで変える・・という方法以外にも、スタンスを変える、というやり方もあります。

どういうことかと言うと、例えば、ドライバーだけスライス系のショットが出る・・という場合は、ドライバーを打つ時だけ、クローズスタンスで構えてみる、という方法もあります。

または、ここ一番でドライバーを普段よりも飛ばしたい時にクローズスタンスで構えるというやり方もあります。

プロの中にも、ここ一番で飛ばしたい時はクローズスタンスで構えると言う人もいますが、クローズスタンスは他の2つのスタンス(スクウェアスタンス、オープンスタンス)に比べて飛距離が出やすく、ドローボールが打ちやすいスタンスになります。

グリップを変えるやり方でもいいのですが、スタンスを変える方が違和感が少ないと感じる人も多いかも知れません。

ですので、もしグリップの握り方を変えるやり方がうまくいかない場合は、ドライバーを打つ時だけ、もしくはアイアンを打つ時だけ、スタンスを変えてみてもいいかも知れません。

ちなみにスタンスに関してはこういった記事も書いています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。