ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

シャンクの直し方とコースでの応急処置

シャンクの直し方については今までにもシャンクの原因シャンクの直し方シャンクを引き起こすゴルフスイングを矯正する練習方法といった方法をご紹介してきました。

今回はコースで突然のようにシャンクが止まらなくなった場合の応急処置ということでご紹介したいと思います。

根本的なシャンクの直し方や原因などについては上記、もしくはページ下部の関連記事をご覧下さい。

シャンクの誤解とは

さて、シャンクの原因でもご紹介しましたが、シャンクの直し方を知るにはまずその原因を理解しておく必要があります。

シャンクはクラブのネック部分に当たってボールが右へ飛んでゆくショットです。

フェースが開いていたからという理由ではありません。また、トゥに当たって右へ飛ぶケースは稀です。

シャンクの直し方として、ボールから離れてアドレスをとろうとする方がいらっしゃいますが、これは逆効果になることがあります。

ゴルフ場でのシャンクの直し方

さて、ここからがゴルフ場で突然シャンクが止まらなくなった場合のシャンクの直し方になります。

シャンクはアウトサイドインのゴルフスイングが直接的な原因であるとご紹介したことがあります。

それを直してゆくことが根本的にシャンクを直してしまうには大切なのですが、コースではそんな余裕など勿論・・ありません。

そこで、無理矢理でも、または応急処置であっても、アウトサイドから振らないようにすることで、シャンクを止めることができます。

さて、その方法ですが、 下記の3点になります。

1.アドレスをとったら、右足をいつもより少し後ろに下げる
2.ボールの内側を打つ
3.フェースのトゥ寄りで打つ

1.右足を少し後ろに下げる

アドレスの際に右足をいつもよりも後ろに下げることで、アウトサイドからのスイングを一時的に矯正します。

バックスイングでは下げた右足に十分体重移動を行うように注意してください。

2.ボールの内側を打つ

ボールの内側を打つ、実際には打たなくてもその意識でスイングするのも良いと思います。

下記の図の④の辺りを狙って打とうとしてみます。

3.フェースのトゥ寄りで打つ

クラブのネックにボールが当たってしまうからシャンクが出ます・・・そう考えると・・・

フェースのトゥ寄りで打つ意識も良い方法です。

ただ、そのことを知ると、ボールをクラブのトゥ寄りに最初からセットしようとする方がいらっしゃいますが、これをやると余計シャンクが出やすくなることがあります。

あくまでもフェースの真ん中で構えた上で、ダウンスイングではフェースのトゥ寄りでボールを打つ意識を持つことがコツだと思います。

グリップは必ずチェックする必要があると思います。

ウィークグリップはアウトサイド・インのゴルフスイングになりやすく、フックグリップは逆にインサイド・アウトになりやすいのが特徴ですので。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。