ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショットに体重移動は必要?不要?構える際の体重配分も

バンカーショットの構え方、打ち方については前回、バンカーショットの構え方と打ち方のコツにてご紹介しました。

その中でも少し触れましたが、今回はバンカーショットをする際は体重移動は必要か?それとも不要か?ということについて見ていきたいと思います。

ただ、最初に結論からお伝えすると、バンカーショットには

①体重移動をしない打ち方
②体重移動をする打ち方

の2つがあります。

今回はこの2つの打ち方について解説していきますが、どちらがいいか?というと、最初は体重移動をしない打ち方を試していただくといいのかなと思います。

プロも体重移動をしないでバンカーショットを打つ人が多いです。

ただし、体重移動をした方がいい人、また中には、体重移動をした方がいいケースもありますので、それについては記事の後半でご紹介したいと思います。

目次

①体重移動をしない打ち方

まず、体重移動をしない打ち方についてです。

バンカーショットの構え方と打ち方のコツでもご紹介した通り、基本的にはバンカーショットの場合は体重移動をしなくても構いません。

プロも、体重移動はしない人が多いです。

ただ、体重移動はしないかわりに、大事なポイントがあって、それは何かというと、構えた際にある程度、インパクトの形を作っておくということです。

インパクトの形を作っておくことで、体重移動をしなくても済むようになるのですが、ではどうやって、インパクトの形を作っておけばいいか?というと、構える際に左足体重で構えます。

左足体重、つまり、最初から左足に多めの体重をかけておくのですが、割合としては、左6対右4か、左7対右3などの感覚で構えるようにします。(右利きの方の場合)

このように構えておくことで、予め、ある程度インパクトの形を作っておきます。

後は(左足体重で構えたら)、その左足体重を保ったまま、スイングしていきます。体重移動はしません。

体重移動をしない打ち方のメリット

ちなみに体重移動をしない(バンカーショットの)打ち方のメリットは下記の通りです:

ピンから近い距離から打つことの多いバンカーショットはフルスイングをしないことが多く、ハーフスイングだったり、小さなスイングになることもあります。

こういった言ってみれば中途半端なスイングの場合は、左足体重で構えて、左足体重のままスイングした方が安定することも多く、同時にバックスイングの際にスウェー(体が右に流れてしまうこと)を防止することもできます。

また、左足に多めに体重をかけておくことで、体の軸が左に傾きやすく、そのためにヘッドを鋭角に入れていける※・・というメリットもあります。

※特にバンカーからすくい打ちをしてしまう癖がある人や、ホームラン(ボールを直接打ってしまうこと)が多いという人は、左足体重で構えていただくといいかと思います

②体重移動をする打ち方

もう1つの打ち方が体重移動をする打ち方です。

この打ち方、バンカーのように小さいスイングでも体重移動をした方がスイングにリズムが出ていいと感じる人もいます。

ですので、もし、体重移動をしない打ち方だと思うように打てないという方、体重移動をしないと体の動きが少し不自然になると感じる人は体重移動をしてみてもいいかも知れません。

体重移動をする場合ですが、構える際は先ほどと一緒で左足体重でもいいですし、両足に均等に体重をかけておくやり方もいいと思います。

ただ、もし、ボールに直接当たることが多い人の場合は、左足体重で構えておくといいと思います。

距離のあるバンカーショットは体重移動をする

ここまで、

①体重移動をしない打ち方
②体重移動をする打ち方

の2つをご紹介してきましたが、体重移動をした方がいいケースもあります。

それはどんなケースかと言ったら、距離のあるバンカーショット、例えば、40ヤードのバンカーショットなど、距離のあるバンカーショットの場合は体重移動をした方がいいです。

というのも、こういった距離のあるバンカーショットはフルスイングに近い形になることが多いですし、ヘッドスピードを出してゆく必要もあります。

こういった場合は、体重移動をした方がスイングも安定しますし、十分なヘッドスピードも出ます。

ですので、距離のあるバンカーショットの場合は、体重移動をするようにしてください。

距離のあるバンカーショット(ロングバンカーショット)の打ち方

というわけで、今回はバンカーショットに体重移動は必要か?不要か?ということについて見てきました。

バンカーショットの打ち方についてはバンカーショットの構え方と打ち方のコツの他にもバンカーショットの基本バンカーショットの応用のコーナーで色々な記事をご紹介していますので、よかったらそちらも参照ください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。