ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンの引っ掛け/プッシュアウトとグリップの位置

アイアンで引っ掛けやプッシュアウトが出る原因というのも様々ですが、今回はその中の1つとしてグリップの位置とシャフトの傾きについてご紹介したいと思います。

スライス、フックとの関係について

はじめに、引っ掛けとプッシュアウトについて簡単にご説明します。

引っ掛けとは、ターゲットよりも左に飛んでゆくショットのことを言います。引っ掛けに似たショットにチーピンがあります。

左に飛んでさらに左に曲がってゆくショットです。

ですが、チーピンもしくは左に飛んでさらに左に曲がるフックと引っ掛けは似ているようで原因は違うことが殆どです。

引っ掛けはむしろ、スライスと非常に深い関係があるショットです。

逆にプッシュアウトはターゲットよりも右に飛んでゆくショットです。フッカーの方がよく打つショットで、左を怖がった結果プッシュアウトが出てしまうこともよくあります。

プッシュアウトはフックと深い関係があるショット・・ということになります。

グリップの位置とクラブヘッドの軌道

さて、本題に入りたいと思います。

引っ掛けは主にアウトサイド・インのゴルフスイングが原因で・・・

プッシュアウトはインサイド・アウトのスイングが原因です。

これら、アウトサイド・イン、インサイド・アウトのスイングの軌道(クラブヘッドの軌道)の直接の原因となることの1つがアドレスでのグリップの位置、そして、シャフトの傾きです。

アドレスでのグリップ(両手)の位置は左足の太もも内側の前にあるのが僕は理想的だと思っています

この位置に両手をセットしておくことで、インサイド・インのスイングがしやすくなります。

引っ掛けの原因

ところが、両手の位置が上記の位置よりも右にあったとします。

例えば、ズボンのチャック(ジッパー)の前に両手(グリップ)をセットしたとします。

すると、アドレスで、シャフトがターゲットとは逆方向に若干傾きやすくなると思います。

この構え方だとアウトサイド・インのスイングになりやすくなります。

つまり、引っ掛けが出るし、スライスも出やすくなります・・。

プッシュアウトの原因

今度はプッシュアウトです。両手の位置が左足太もも内側よりも左になると、今度はスイングの軌道がインサイド・アウトになりやすくなります。

例えば、両手が左足の外側の前にセットされていたとすると、シャフトはターゲット方向に傾きます。

こういう風に構えると、インサイド・アウトのスイング軌道になりやすく、プッシュアウトが出やすくなります。

また、フェースも返しやすくなるので、フックも出やすくなります。

ですから、引っ掛けやプッシュアウトが出始めたら、グリップの位置を確認してみてもいいのかも知れません。

左足太もも内側の前・・・よりも両手は左にあるのか、右にあるのか・・・によって、プッシュアウトや引っ掛けが出やすくなりますので。

また、ボールの位置によってもシャフトの傾きというのは変わってきますから、同時にボールの位置もチェックされると良いと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事がお役に立ちましたら、HPやブログ、SNS等でこのページを紹介していただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。